ウニオン・ベルリンが遠藤渓太の買い取りを発表! 「今後もチームの一員でいられることに興奮」

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年04月30日

古巣の横浜F・マリノスにも感謝のメッセージ

見事に来シーズンの契約を勝ち取った遠藤。今後もさらなる活躍が期待される(C) Getty Images

画像を見る

 4月30日、ウニオン・ベルリンは昨夏に横浜F・マリノスからローンで加入した遠藤渓太の買い取りオプションを行使したことを発表した。なお、移籍金などの詳細は、両クラブの合意により非公開となっている。

 初の海外移籍となった遠藤は、ここまで14試合で1得点を記録。初ゴールを奪った7節ビーレフェルト戦で負った怪我の影響もあり、中盤戦まではなかなか試出場機会を掴めなかったが、25節ケルン戦で久々に先発出場を果たすと、その後はコンスタントに出番を掴んでいる。

 遠藤はクラブの公式サイトで、「言葉の壁はありましたが、クラブは本当に温かく迎え入れてくれました、加入初日からホームのように感じることができました。今後もチームの一員でいられることに興奮しています」とコメントしている。
 
 さらに、前所属の横浜F・マリノスの公式サイトでも熱いメッセージを綴っている。

「この度、ドイツのウニオン・ベルリンに完全移籍することになりました。下部組織からプロに至るまでの16年間、人生の大半をF・マリノスで過ごしてきました。このクラブで育ったことは自分にとって一生の誇りです。クラブ関係者の方々、応援してくれたファンの方々には感謝の気持ちしかありません。いつの日かまた日産スタジアムでプレー出来れば幸せです。まだ、ドイツで何一つ結果を残せていないので、よい報告ができるよう、自分で決めた道で頑張りたいと思います」

 また、ウニオン・ベルリンのオリバー・ルーネルト取締役は、「渓太は怪我や新型コロナウイルスの影響で難しい前半戦を送ったが、それでも高いクオリティを見せてくれた。向上心と決断力を持った非常に才能溢れる若者だ。継続的に成長し、これまで以上にチームの助けになってくれるだろう」と期待感を露わにした。

 来シーズンの契約を勝ち取り、今後の不安がなくなった遠藤。今シーズンも残りわずかとなったが、来シーズンに繋がるさらなる活躍を期待したいところだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「どこへ行ってもマリノスの誇り」ウニオン完全移籍の遠藤渓太にエール続々!行けるとこまで突っ走れ!」
「アサノはサラーか!」浅野拓磨の“70m3人抜きドリブル”に現地ファン衝撃! 圧巻のダメ押し点お膳立てに「生涯契約だ」
“カップ戦のヒーロー”伊東純也の功績を称え…ヘンクの日本寿司店が「イトウスペシャル」の提供を決定!
今季17ゴールの鈴木優磨に、ヘルタ・ベルリンとリーグ・アン3クラブが関心? ベルギー現地メディアが報じる
「ざけんなよって…」内田篤人が古巣シャルケのまさかの2部降格に言及!「本物のサポーターなら――」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ