「死んでやろうかと…」J1初出場、大分のGKポープ・ウィリアムが母親と乗り越えてきた“知られざる苦労”を明かす

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月27日

「小学生の練習に頭を下げていれてもらったことも」

大分のGKポープ・ウィリアム(写真中央)が、これまで母親と歩んできた苦労の道のりを明かした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 浦和レッズ戦でJ1初出場を果たした大分トリニータのGKポープ・ウィリアムが、自身の『note』で苦労の連続だったこれまでの道のりと、母親への感謝を赤裸々に綴った。

 東京ヴェルディの下部組織出身のポープ・ウィリアムは、2013年にトップチームへ昇格し、プロキャリアをスタート。その後、FC岐阜や川崎フロンターレ、大分を渡り歩いたが、いずれのクラブでもレギュラーの座を奪うことができなかった。

 それでも、昨シーズンはファジアーノ岡山で開幕戦から先発出場を果たし、J2で40試合に出場。キャリアで初めて正守護神の座を掴むと、今季からJ1の大分へ2年ぶりに復帰した。そして、4月25日に行なわれた11節・浦和戦(●2-3)でスタメンに名を連ね、プロ9年目でついにJ1初出場の夢を叶えた。

 ポープ・ウィリアムは試合後、自身のnoteで「J1デビュー。母への感謝」と題し、過去を振り返りつつ、育ててくれた母親への感謝など、長文で思いを綴った。
 
「プロ9年目でようやくこの舞台にたてました。諦めなくて本当に良かった。僕は這い上がった。プロに入ってから、小学生の練習に頭を下げていれてもらったことも、女子中学生と一緒に練習した時期もある。恥ずかしくて、悔しくて、情けなくて死んでやろうかと思ったこともあった。それでもここまで這い上がってきた。僕のことを諦めてバカにした人達を見返したかった」

 また、試合出場が決まったことをいち早く伝えたのは、「借金を返しながら僕と姉をたった1人でここまで育ててくれた」という母親であると明かし、歩んできたエピソードを交えながら感謝を綴っている。

 そして最後には、「諦めなければいつか必ず良いことがある。僕がこれから証明してみせます」と意気込み、投稿を締めくくった。

 ポープ・ウィリアムが日本のトップリーグ出場を掴むまでの、知られざる苦労の道のり。投稿を見たファンはSNS上で、「泣けました」「お母さん強い方だね」「お母さん、お姉さんに幸あれ」「ともに頑張ろう!」といったコメントを寄せるなど、大きな反響を呼んでいる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J1第11節PHOTO】浦和3-2大分|田中達也のゴールで試合終盤に逆転!最後は西川のスーパーセーブ炸裂で浦和が勝利!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ