「ゴールに値する!」渾身ブロックの吉田麻也を伊メディア絶賛!「完璧、ベストプレーヤーだ」

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年04月25日

「自分のところに来たボールをすべて跳ね返した」

チームは敗れるも高評価をを得た吉田。敵FWドゥフレル(右)を抑え込んだ。(C)Getty Images

画像を見る

 出場停止明けの一戦で、連勝を続けることはできなかった。だが、吉田麻也のパフォーマンスは、イタリアのメディアから高評価を得ている。

 4月24日のセリエA第33節で、サンプドリアはサッスオーロに敵地で0-1と敗れた。3連勝を逃した一戦で、吉田はCBとして先発フル出場している。

 スコアレスで迎えた56分、日本代表DFは左からのクロスに懸命に足を伸ばして触れ、ピンチとなるのを防ぐと、その流れでドメニコ・ベラルディのシュートをブロック。CKに逃れる。さらに、CKの流れから再びベラルディのエリア外からのシュートを頭でクリアして再度CKとした。

 この懸命の守備も実らず、サンプドリアは69分にベラルディの先制点を許すと、そのまま追いつくことができずに敗れている。

【動画】「ゴールに値」と現地メディアが激賞!吉田麻也の渾身クリア
 だが、守備で魅せた吉田の採点は上々だ。衛星放送『Sky Sport』は及第点の6点、『Sport Mediaset』は「壁をつくり、自分のところに来たボールをすべて跳ね返した」と、6.5点をつけている。

 さらに、『Gazzetta dello Sport』、『Corriere dello Sport』の両紙も同じ6.5点。前者はチームのベストプレーヤーに選出し、「特に後半のベラルディに対するブロックで正確かつ重要だった」と称賛した。

『calciomercato.com』と『TUTTOmercatoWEB』も、やはり6.5点。前者が「ベラルディに対する守備はゴールに値した」、後者も「さほど苦しまず、グレゴワール・ドゥフレルをうまく守った。0-0の特に危険な場面で決定的なブロック」と称えている。

 サンプドリア専門サイト『sampnews24』は、チーム最高の7点とさらに高い評価。「クリーンな試合。守備陣との対話機能。サンプドリアでは少ないポジショニングのセンスを見せた。サッスオーロが縦に出てきた際の閉ざし方が完璧だった。ベストプレーヤーだった」と激賞した。

 今季22度目の先発出場で、好パフォーマンスを見せた吉田。守備の国イタリアで存在感を増していく日本代表主将の今後も楽しみだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「冨安健洋は売りに出さない」ボローニャ指揮官とオーナーの会談で方針を決定か。クラブOBは「彼は重要な選手、驚かない」
「クボにはひどい話だ」久保建英が身代わりでアーセナルへ? ESL離脱に激怒したペレス会長が“神童”の売却を拒否か
「怒号が響き渡った」久保建英と対峙したバルサDFにクーマン監督がプッツン→即交代の非情采配!「やり過ぎだ」
「僕の相棒です」小野伸二、愛車との2ショットに反響相次ぐ!「最高の車に最高の漢」
「イ・スンウを追い出した日本人が…」鈴木優磨のステップアップ移籍に韓国メディアも注目!「より大きな舞台でプレーする可能性が高い」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ