「柏の超特急」が見せた“ワイルドスピード”。度肝を抜かれた徳島戦のワンプレー

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2021年04月25日

“野性的”に突破するチャレンジ精神に心を揺さぶられた

右ウイングバックでプレーする北爪。連勝中のパフォーマンスは目を見張るものがある。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ11節]柏 5-1 徳島/4月24日/三協フロンテア柏スタジアム

 北爪健吾のプレーに度肝を抜かれた。

 徳島に4-0の大差をつけて迎えた64分、自陣右サイドで江坂任からボールを受けると、ブロックに入った徳島DFを裏街道で豪快に置き去りにする。さらに、カバーに入った敵をまたもやスピードで振り切り、最後は呉屋大翔へ優しいスルーパスを送ってアシストを決めた。

 もちろん驚いたのはそのスピードだが、筆者は柏担当4年目になるので北爪が俊足なのはさすがに知っている。細かく言えば、凄かったのは“ワイルド感”。感情的な表現法なら「おぉ、行くねぇ!」というニュアンスで、つまりスタンドから見れば五分五分に見えるシーンでも、“野性的”に突破するチャレンジ精神に心を揺さぶられた。ここ最近、北爪が走ればスタジアムが湧くのは、ただのスピードではなく、“ワイルドスピード”だからだと思う。

 G大阪戦(〇1-0)、大分戦(〇1-0)、徳島戦(〇5-1)と3連勝を飾った期間内は、その“ワイルドスピード”を繰り出す回数がかなり多い。相手に効果的なジャブを打ち込んでいるのは間違いなく、序盤戦の低迷から息を吹き返した柏に躍動感をもたらした筆頭は、紛れもなくこの北爪だろう。

 実際、ネルシーニョ監督も北爪をこう評している。

「健吾はウイングバックで出場した時に、本当に良い仕事をしてくれている。サイドバックでプレーした時もチームにとって重要な役割を担ってくれていますが、サイドバック起用時はまだまだいくつか改善点があると本人にも話しています。

 ただ、彼のスピードは皆さんもご存知のとおり武器です。空いたスペースを見つけて入っていく予測も非常に良くなっています。ガンバ戦、大分戦、徳島戦、この3試合では彼の持ち味であるスピードと、あとは技術的な部分も非常に高いクオリティをゲームで見せてくれています。

 そのふたつに加えて、自己犠牲を払って献身的にチームのために戦っている。そういう姿勢を彼はゲームで随所に見せてくれている。今日は本当に良い働きをしてくれた。これからもチームにとって非常に重要な役割を担っていってくれると思います」

 指揮官の言う「空いたスペースを見つけて入っていく予測」は徳島戦でも披露した。27分、江坂が中央でボールを持つと、自慢の快足を飛ばして右サイドを駆け上がる。パスを呼び込み、ワントラップからすぐに放ったシュートは相手DFに防がれたが、CKを獲得。そのセットプレーが2点目につながっている。ちなみにG大阪戦でもオーバーラップからシュートを放ち、決勝点につながるCKを得ていた。

 北爪のスピードはチーム内でも特別なものなので、言うなれば「柏の超特急」。加えて“ワイルド感”もある最近のパフォーマンスは、相手にとって相当な脅威だ。右サイドでひと際輝く13番が、ようやく復調した太陽王をこれからも牽引していくはずだ。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【J1採点&寸評】柏5-1徳島|別格の江坂がMOM。“完全復活”の柏には高評価がズラリ
「凄い収まる」大型FWが柏に降臨。ペドロ・ハウルがデビュー戦で見せた大器の片鱗
柏が徳島を5発粉砕で3連勝!日本代表・江坂任が1G2A、FW呉屋大翔が2ゴールの爆発
【柏】江坂任は代えがきかない存在か。理由となる“稀少なスキル”とは…
「これで全員集合」「期待しかない!!」柏の新助っ人、エメルソン・サントス、ドッジのチーム合流にファン歓喜

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ