「ユダのような裏切りだ」トリノ会長がユベントス&インテル首脳陣を痛烈批判!

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年04月20日

3クラブはセリエAで戦い続ける意向を示したが…

怒り心頭のトリノのカイロ会長。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間4月18日に正式発表された「欧州スーパーリーグ構想」は、様々な形で波紋を続けている。

 現在のチャンピオンズリーグに取って代わるスーパーリーグは、ビッグクラブが発起人となる新コンペティション。大会創設メンバーはイングランドのアーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、イタリアのインテル、ミラン、ユベントス、スペインのレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーという12クラブで、さらに8クラブが加わる可能性があるという。

 これを受けてUEFAは、「スーパーリーグに参加するクラブは、国内、欧州、国際大会とあらゆるコンペティションに参加できなくなること、選手も代表チームでプレーできなくなることを通知した」と徹底抗戦の構えを見せている。

 イタリア国内でも、現地時間4月19日にレーガ・セリエAが緊急会議を開催。『スカイ・イタリア』など現地メディアによれば、ユベントス、ミラン、インテルの代表者は、「スーパーリーグはチャンピオンズリーグに代わる大会で、もちろん引き続きセリエAも戦いたい」と表明したものの、あまりに身勝手な言動に他クラブの代表者からは糾弾の声も上がったという。
 
 中でも怒り心頭なのが、トリノのウルバーノ・カイロ会長だ。現地通信社『ANSA』によれば、会議後にこう吐き捨てたという。

「スーパーリーグはセリエAに対するいわば攻撃だ。このプロジェクトの一端を担ったジュゼッペ・マロッタ(インテルCEO)は、セリエAとイタリア・サッカー連盟の代表者に相応しくない。辞任すべきだ。恥ずべきことだよ。アントレア・アニェッリ(ユベントス会長)も同様だ。彼はセリエA放映権の交渉役も担っていたが、今思えばスーパーリーグをやると分かっていたから投資ファンドとの契約を妨害していたんだ。それで今は『連帯しよう』だって? ユダのような裏切りだ」

 とりわけアニェッリはスーパーリーグ連盟の副会長を担うなど、今回のプロジェクトでも中心的な役割を担ったと見られている。

 レーガ・セリエAは今週再び会議を行なう予定だが、ユベントス、インテル、ミランとその他クラブの断絶はかなり根深い。はたして未来は……。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ