「理解できない!」久保建英に出番を与えず、右SBを投入…ヘタフェ指揮官の消極采配に痛烈批判!「くだらない交代だ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月19日

「相手はBチームじゃないか」

ボルダラス監督(右)がマドリー戦で久保を起用することはなかった。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間4月18日に開催されたラ・リーガ第33節で、久保建英が所属する15位のヘタフェは2位のレアル・マドリーとホームで対戦。保有元との対戦となった久保に出番は訪れなかったものの、スコアレスドローで王者から勝点1をもぎ取った。

 マドリー戦で1ポイント奪取であれば悪くない結果と言えそうだが、一部のヘタフェのサポーターからは、ホセ・ボルダラス監督の消極的な采配に批判の声が寄せられている。

 というのも、マドリーは故障者やコロナ感染者が続出したうえ、出場停止などでメンバーが揃わず、CBにBチームのヴィクトル・チュストを起用せざるを得ない状況だった。さらにクラシコにチャンピオンズ・リーグのリバプール戦と激闘が続いたこともあり、エースのカリム・ベンゼマや司令塔のトニ・クロースもベンチに温存していたのだ。

【動画】ヘタフェが次々にチャンスを作り出すも…マドリー戦のハイライトはこちら
 
 実際、チャンスの数はヘタフェの方が明らかに多く、相手GKティボー・クルトワの好セーブにことごとく防がれたものの、ゴールまであと一歩に迫っていた。

 ところが、試合前の会見で「引き分けを狙うことはない」と語っていた指揮官は76分、右サイドハーフのカルレス・アレニャを下げ、右SBのダミアン・スアレスを投入。勝点3を狙うのであれば、このポジションが主戦場である久保を投入してもいいところだったが……。

 マドリーを押し込んでいたにもかかわらず、ドロー狙いの選手起用をしたボルダラス監督に対して、ファンは怒り心頭。クラブの公式SNSには、「理解できない」「くだらない交代だ」「恥ずかしい」「負けるよりも勝つ方に近かったのに」「相手はカスティージャ(Bチーム)じゃないか」といった声が寄せられている。

 一方で、マドリーからの勝点奪取を称える投稿もあり、この判断が正しかったかどうかは、物議を醸しそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ