名古屋が今季初黒星。稲垣に今季4ゴール目を許すも、無失点記録をストップさせた林&酒井弾で鳥栖が2-1勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月18日

名古屋の無失点記録を823分で止めた林大地。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 第10節3日目を迎えたJ1リーグは4月18日、各地で4試合を開催。豊田スタジアムで行なわれた名古屋グランパスとサガン鳥栖の一戦は、2-1でアウェーの鳥栖が勝利を収めた。

 これまで開幕戦のオウンゴールによる1失点のみで無敗を続ける名古屋は、4-2-3-1のシステムで、前節から4人を変更。ボランチに長澤和輝、2列目に前田直輝、阿部浩之、トップに山﨑凌吾が入った。

 対する鳥栖は、3-4-1-2の布陣で同じく4選手を入れ替えた。CB大畑歩夢、MF樋口雄太、小屋松知哉、FW酒井宣福を起用した。

 試合はここまで足かけ9試合、818分という無失点継続時間を27年ぶりに更新した名古屋が先制を許す。

 立ちあがり名古屋に押し込まれたものの、鳥栖は6分に大畑、酒井と繋ぎ、ゴールライン際からの鋭いクロスボールをニアサイドで林大地がヘディングシュート。これが名手ランゲラックも届かない際どいコースに決まり1-0と先制する。

 さらに前線からのプレスとハードワークを強める鳥栖は、45分に加点。FKの流れから酒井が出したパスは長澤にクリアされるものの、自らそのこぼれ球に反応し右足で狙い澄ましたミドルシュートを放つ。GKランゲラックの手をかすめるもののゴールに吸い込まれ2-0とリードを広げた。

【動画】名古屋の無失点記録を823分で止めた林大地の先制弾!
 
 今シーズン初めてビハインドを背負った名古屋は、後半頭から米本拓司と柿谷曜一朗をピッチに送り出すと、さらに54分に相馬勇紀と、移籍後初出場となる森下龍矢を投入。

 68分には柿谷が、72分にはマテウスがペナルティエリア内で決定機を迎えるがブロックに遭い得点できない。

 85分にマテウスに代え木本恭生を投入。すると直後に右サイドからのクロスボールのこぼれ球を稲垣祥がペナルティエリア外からダイレクトボレ―。ネットを揺らし1点を返す。

 しかし、その後も猛攻を仕掛けるものの、鳥栖の粘り強いディフェンスの前に決定的なシュートを放てず、名古屋は1-2で今季初黒星を喫した。

 この結果、名古屋は勝点26は変わらず2位をキープ、鳥栖は同20として3位に浮上。

 次節、名古屋は4月22日の木曜日にホームでガンバ大阪と対戦、鳥栖は21日にルヴァンカップのアビスパ福岡戦を挟み、24日の敵地でFC東京と激突する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
鳥栖、林大地が先制弾!J1記録を更新した名古屋の無失点継続時間を823分でストップ
【横浜FC】「この勝点1で何かが変わるかも…」小川慶治朗が語る“痛恨ドロー”の価値
「バカうまい笑」「鳥栖のビースト!」五輪世代の2021年ファーストゴールは林大地! 先制弾にファンも大盛り上がり!
「とんでもない潜在能力」とU₋17日本代表・森山監督も絶賛! 飛び級招集で輝きを放った15歳の点取り屋に飛躍の予感
「日本か韓国の組がよかった…」東京五輪のポッド分けに優勝候補スペインのメディアが嘆き! 南米2強との同居決定で「悪いニュースだ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ