鳥栖、林大地が先制弾!J1記録を更新した名古屋の無失点継続時間を823分でストップ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月18日

名古屋は今季初めてのリードを許す

林の今季4得点目が、名古屋が今シーズン初めて対戦相手に許した先制点となった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは4月18日、10節の4試合を各地で開催。名古屋グランパス対サガン鳥栖が豊田スタジアムで15時3分キックオフで行なわれている。

 ホームの名古屋は4-2-3-1のフォーメーションを採用。ボランチの稲垣祥と長澤和輝がコンビを組み、2列目は右から前田直輝、阿部浩之、マテウス、トップに山﨑凌吾が入った。

 対する鳥栖は、3-4-1-2のフォーメーションで、2トップには林大地と酒井宣福の組み合わせになった。

 試合は、前半立ち上がりに動く。
 
 ホームの名古屋にマテウス、前田の両翼を中心に攻め込まれるものの、鳥栖がファーストチャンスをモノにする。

 左CBで先発の大畑歩夢が敵陣からスルーパスを送る。反応した酒井がゴールライン際から、兄・酒井高徳を彷彿とさせるような鋭いクロスを供給。ニアサイドに走り込んだ林が上手く頭で合わせ、ゴール右のネットを揺らし、6分に先制に成功する。

 名古屋は10試合ぶりの失点。J1記録を更新中だった無失点継続時間は、823分でストップした。

 開幕節の福岡戦はオウンゴールによる失点だったため、今シーズン初めて相手にゴールを決められた名古屋。リードを許した名古屋は試合中にどう立て直せるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「若林君感半端ない」J公式が公開した名古屋守護神の驚異のスタッツにファン大反響
J記録更新!9戦連続無失点の名古屋、殊勲のDF丸山祐市がウノゼロ勝ちに「しぶとく相手の良さ消せた」
U-24代表帰り対決はC大阪・瀬古が勝利!鳥栖FW林大地が対峙して感じたことは…
「非の打ち所がない!」“新星”林大地の先制ゴールを南米メディアが激賞!「アルゼンチンの横っ面を張り飛ばした」
「バカうまい笑」「鳥栖のビースト!」五輪世代の2021年ファーストゴールは林大地! 先制弾にファンも大盛り上がり!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ