今季のJリーグ“ベストセーブTOP10”は? ファンも絶賛! 権田の右手1本ストップが堂々の1位「変態的や」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月16日

仙台&鳥栖守護神のビッグセーブも上位にランクイン!

左から朴(鳥栖)、権田(清水)、J・スウォビィク(仙台)。Jリーグが発表したスーパーセーブランキングで上位に名を連ねた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグは、開幕の2月26日から4月11日までに実施された全試合のなかから「ベストセーブTop10」を選出し、公式ツイッターにて公開した。

 栄えある第1位に輝いたのは、J1第9節のヴィッセル神戸戦で、試合終了間際に訪れたチームの危機を救った清水エスパルスの権田修一が披露したビッグセーブだ。1-1で迎えた90+4分に、左サイドからのクロスに頭で合わせた郷家友太のシュートを、右手一本でストップ。地面に叩きつけられた軌道の予測しにくいシュートを防ぎ、清水の勝点1獲得に大きく貢献した。

 また7位にも権田のプレーが選出。4節・サガン鳥栖戦で仙頭啓矢の強烈なシュートを横っ飛びで止めた好セーブがランクインしている。
 
 日本代表・権田の圧巻のプレーに、ファンから「世界の権田!!」「変態的セーブや」「我らの守護神! 神様仏様権田様」「学べるところがたくさん詰まってる」など絶賛の声が多数寄せられた。

 2位は、ベガルタ仙台のヤクブ・スウォビィクが、開幕節・サンフレッチェ広島戦で見せた決死のセーブ。3位には、鳥栖の朴一圭が9節の横浜FC戦で、左手の指先で止めたスーパーセーブが選ばれている。

 コロナ禍で開幕した2021年のJリーグを盛り上げる、闘志あふれる選手たちのプレー。どうしてもフィールドプレーヤーに注目が集まりがちだが、こうした守護神たちの気持ちの入ったセーブからも目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】権田のセーブが2本ランクイン!Jリーグが厳選したベストセーブTOP10はこちら 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ