• トップ
  • ニュース一覧
  • 「1位は何度見ても最高」J公式が投稿した岡崎慎司の“誕生日祝福ゴール集”にファン大反響!「やっぱりすごい」

「1位は何度見ても最高」J公式が投稿した岡崎慎司の“誕生日祝福ゴール集”にファン大反響!「やっぱりすごい」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月16日

6位は“盟友”とのマッチアップ!

清水時代(左)と現在のウエスカ(右)での岡崎(右)。(C)SOCCER DIGEST/Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 スペインのウエスカに所属する岡崎慎司が4月16日に35歳を迎えた。

 岡崎は、日本代表で釜本邦茂の75得点、三浦知良の55得点に次ぐ歴代3人目となる国際Aマッチ通算50ゴールを達成するなど、印象的なゴールを数多く奪ってきた。

 Jリーグでも、2005年に清水エスパルスでデビューしてから、2011年1月にドイツのシュツットガルトへ移籍するまで、121試合に出場し42のゴールを記録。

 そんな偉大なストライカーの誕生日を、Jリーグが「Jリーグトップ10ゴール集」とともに祝福した。

 1位に選ばれたのは、09年4月25日の柏レイソル戦での得点。胸トラップから味方に預けると、DF二人に囲まれながらゴール前に侵入。チームメイトからの折り返しを倒れながらも右足に当ててゴールに流し込んだ。競り合いの強さ、動き出しの良さ、泥臭さと岡崎の魅力が凝縮されたシーンだった。

 2位には同じく09年の10月3日に行なわれたサンフレッチェ広島戦。左サイドからのクロスをファーサイドでヘディング。GKの逆をついたお手本のようなヘディングシュートとなっている。
 
 そのほか、6位には当時FC東京に所属していた“盟友”長友佑都とのマッチアップから奪った得点や、9位にはカットインから豪快に右足を振り抜いたミドルシュートなど懐かしいJリーグ時代のスーパーゴールが満載だ。

【動画】「何度見てもサイコー」J公式が投稿した岡崎慎司トップ10ゴール!

 この投稿にファンも反応し、以下のようなコメントが寄せられた。

「改めて見るとやっぱり岡崎選手すごいな」
「今も楽しいけど、この頃のワクワク感はハンパなかったな」
「どれも素晴らしいゴール」
「1位は何度見ても最高」
「3位の埼スタで決めた岡崎のボレーでの得点は印象に残ってるなぁ~」
「6位のゴールな長友とのマッチアップは熱い」
「10のうち8つがアウェイというのもなかなか」
「ゴールへの貪欲さ、今の選手たちもこうあって欲しい…」

 また、「35歳、まだ老け込む歳ではないし、本人もやれると思ってることでしょう。勿論、もう少し欧州での活躍も見たいけど、いつかはエスパルスに戻ってきて欲しいです」という声も上がっている。

 現在、4試合続けて出場機会に恵まれていない岡崎。次戦、首位のアトレティコ・マドリーとの大一番で、持ち前の勝負強いプレーを発揮できるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「試合で見たい」3戦出番なしのウエスカ岡崎慎司、練習でキレキレのボレー弾を披露! ファンからは出場に期待の声
久保建英は宝の持ち腐れ? ヘタフェの驚愕スタッツに現地注目!「試合のほぼ半分でプレーが止まっている」
「ホンダはこの国のルールを知らなかったようだ」本田圭佑の“珍行動”にアゼルバイジャン・メディアが騒然!主審に詰め寄ると…
「カガワは日本産の失敗作だ」まさかのベンチ外となった香川真司に地元メディアから厳しい声「監督の信頼を全く得られていない」
「なんやあの軌道」マドリーの17歳・中井卓大の“圧巻ゴラッソ”にファン驚愕!「凄っ、しかも10番」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ