鹿島復権への「すごく大事なゲーム」。犬飼智也が語る次節・徳島戦と相馬新体制の変化とは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月15日

「意識というのが一番変えられる部分」

ザーゴ前監督への感謝も語った犬飼。写真:田中研治

画像を見る

 鹿島アントラーズのDF犬飼智也が4月15日、オンライン取材に応じ、“常勝”鹿島復活への課題を語った。

 今シーズン8試合を消化し、2勝2分4敗の勝点8で15位と低迷する鹿島は、前日14日にザーゴ監督を解任。後任にはコーチを務めていた相馬直樹氏が就任した。

 指揮官交代の影響を犬飼は、「意識というのが一番変えられる部分」だと心境の変化を挙げる。

 また、「監督が変わるということは競争もまたゼロからだと思う。そこが一番分かりやすい変化だと思う。練習からしっかりやらないといけない」と日々のアップデートを目指す。

 在籍4年目を迎える犬飼は、ザーゴ体制下で大きく力を伸ばしたひとりでもある。

 前監督について「プレーの幅を広げてもらった。CBとしての話もたくさんできた。世界でCBとしてやってきた選手でもあったので、(ザーゴ前監督から)学んだことはこれからも活かさないといけないですし、恩返しもしないといけない」と感謝も語る。
 
 その一方で、開幕の清水エスパルス戦では終盤に先制した後に3失点、直近の北海道コンサドーレ札幌戦でも2点リードから追いつかれるなど、今まで鹿島らしくない試合が目に付く。

 そんな今季の戦いぶりについてはこう分析した。

「開幕で上手くいかなくて、思っていたスタートが切れなかったというのはありますけど、試合を重ねてくるにつれて、結果もついてこなくて、やりたいことも出来なくて、自信が少し無くなってきたのかな。チームを助ける動きだとか、チャレンジだとか、自分からアクションを起こすことが少なくなって、結果がついてこなかったと思う」

 監督交代という劇薬は、この日の練習では以前のような活気にも溢れるなど、良い効果も表われていたという。「ザーゴに責任を取らせる形になったとみんなが思っている。やらなきゃという大きなきっかけになった」と明かした。

 今後のクラブ復権については、何より必要なのは“常勝”を取り戻すことだ。これまでは「良いサッカーをしていれば勝てる」との思いだったものの、今後は「良くなって勝っていくのではなく、勝つことによって良くしていく」必要性を痛感したという。

 そして、国内最多のタイトル獲得数を誇る鹿島の「勝負強さ」は、「今まで在籍して結果を出していた選手たちがいてこそのイメージ」として、「今いる選手たちは結果を出せていない。今いる選手たちがもう一度そう言われているようなチームを作っていく段階に来ていると思う」。そう新たなサイクルを始める決意をした。

 鹿島は、4月17日に相馬新監督の下でアウェーの徳島ヴォルティス戦を行なう。

 犬飼は「監督が代わって、一発目のゲームはすごく大事なゲームになる。内容は後々で良いと思うので、まずは結果を出すことが一番大事だと思う」と語った。

 鹿島は再び勝者のサイクルを回すことができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
特別なクラブを率いることの重責――鹿島再建の要は相馬新監督の「強い信念と覚悟」
鹿島の相馬直樹新監督とはどんな指揮官? 町田時代から紐解く“狂気のサッカー”の全貌
「距離感がマジでノイアー」鹿島GK沖悠哉のスーパーセーブ3連発に反響続々。「なんでアレ止められんの?」
マドリーの選手が乗るバスをリバプール・ファンが襲撃。投石で窓が割れる事態に怒りの声明「全く容認できず、恥ずかしい」
「史上最悪のタックルだ」ウクライナ女子選手の“恐怖の体当たり”に英メディア唖然!「一瞬たりとも躊躇せず…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ