「史上最悪のタックルだ」ウクライナ女子選手の“恐怖の体当たり”に英メディア唖然!「一瞬たりとも躊躇せず…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月15日

北アイルランドにとって歴史的な夜に…

相手とボールを奪い合うパンツラヤ(左)。(C) Getty Images

画像を見る

 恐怖のタックルが注目を集めている。

 北アイルランド女子代表は現地時間4月13日、2022年女子欧州選手権の予選で格上のウクライナとホームで対戦し、2-0で勝利。2戦合計4-1で、初出場を決めた。待ちわびた瞬間に、北アイルランドが沸いたこの試合で話題を呼んでいるのが、目を疑うようなラフプレーだ。

 1点差で迎えた87分だった。北アイルランドがハーフウェイライン付近からゴール前に出した縦パスに対し、ウクライナのMFナティヤ・パンツラヤが相手よりも先にボールに反応。ボールを保持するかに思われた。
 
 だが次の瞬間、パンツラヤはなぜか走る方向をボールではなく、それを目掛けて走ってくる相手MFサラ・マクファデンの方に転換。そのまま思い切り肩をぶつけ、強烈なタックルをお見舞いしたのだ。当然、パンツラヤは即刻レッドカードが提示され、退場処分に。その後、1人少なくなったウクライナは、後半アディショナルタイムに息の根を止められる2点目を献上している。

【動画】なぜボールではなくそっちへ…ウクライナ女子MFの恐怖のタックル

 英メディア『GIVE ME SPORT』は「サッカー史上最悪のタックル?」と題し、呆れ気味にこの悪質な体当たりを伝えている。

「敗戦を目前にしたウクライナのパンツラヤは、苛立ちを募らせていたとしか思えない。彼女は一瞬たりとも躊躇することなく、マクファデンを払いのけ、すぐにトンネルへ歩き出した。時代遅れの無茶苦茶なディフェンスだ」

 相当鬱憤が溜まっていたのか。パンツラヤ思わぬ形で注目を浴びる存在となってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
久保建英は宝の持ち腐れ? ヘタフェの驚愕スタッツに現地注目!「試合のほぼ半分でプレーが止まっている」
「我々はコロナを抑え込んだのだ」韓国側の“マナー違反”の指摘に中国メディアが怒りの反論!「そっちのコーチもマスクを外していた」
「腹が立ったよ、日本に押し込まれて…」韓国代表の左SBが惨敗に終わった日韓戦を回顧!「いまはホン・ミョンボの気持ちがよく分かる」
「やわ過ぎる、男らしくない」ソン・フンミンのリアクションを元英代表FWが辛辣批判!「小指だぞ、ばかげている」
C・ロナウドにユニ交換を拒否されたドイツ代表DF、同僚からまさかのサプライズに大爆笑!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ