マドリーの選手が乗るバスをリバプール・ファンが襲撃。投石で窓が割れる事態に怒りの声明「全く容認できず、恥ずかしい」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月15日

マドリーが勝ち上がりを決めた大一番の前に…

リバプールの選手が乗るバスが到着した瞬間。発煙筒が焚かれているのが分かる。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間4月14日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝の第2レグで、レアル・マドリーは敵地でリバプールと対戦。再三のピンチを招きながらも、スコアレスドローに持ち込み、アグリゲートスコア3-1で3シーズンぶりのベスト4進出を決めている。

 ホームでの逆転を目指すリバプールの猛攻を凌いだマドリーは、試合前にもとんだ襲撃に遭っていたようだ。

 スペイン紙『AS』などによれば、敵地アンフィードに2台のバスで乗り込んだマドリーの一行に、一部のリバプール・ファンが石を投げつけ、1台のバスの窓を割ったという。幸い怪我人にはいなかったようだ。

【関連動画】マドリーの選手が乗るバスの窓が粉々に割れた衝撃の映像

 マドリーのフロント入りしているエミリオ・ブトラゲーニョは、「これは世界中のファンが見る最高のゲームのひとつだ。こんなことが起こるのは残念だ。リバプールのからは我々に謝罪があった」とコメントしている。

 また、リバプールのスポークスマンも、「我々はレアル・マドリーのバスを破損させた行動を明確に非難する。全く容認できず、恥ずかしい行動だ。心に生じた苦痛に謝罪したい。警察と協力して事実を明らかにし、責任者を特定する」と蛮行を糾弾している。

 記事によれば、無観客試合であったにもかかわらず、スタジアムの周辺には何百人というファンが集まり、リバプールのバスが到着した時には、赤い発煙筒を焚いて、熱烈に出迎えたという。「マスクもせず、ソーシャルディスタンスも無視されていた」ようだ。

 アウェーの洗礼を浴びながらも、さすがの試合運びで、クラシコに続いてミッションを達成したマドリーの精神力は、称賛させて然るべきだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ