「100回やって勝てるのは1、2回」名手カンナバーロが“最も苦労したFW”に挙げた怪物とは? ロナウドでもバティでもなく…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月13日

ファンからの質問に応じて回答

バロンドールにも輝いたカンナバーロが最も厄介だったストライカーとは? (C)Getty Images

画像を見る

 この名前が出て来るのを予想した人はほとんどいなかっただろう。

 元イタリア代表DFの名手ファビオ・カンナバーロが、自身のTikTokで、対戦した“最強”のストライカーを明かした。4月13日、イタリア紙『Corriere dello Sport』などが報じている。

 ファンから「最も苦労させられたストライカーは?」と質問を受けた元アッズーリの主将は、「少し考えてから、怪物ロナウドでも、フィリッポ・インザーギでもなく、ガブリエル・バティストゥータでもなく、ケネット・アンデションと答えた」という。

「ボローニャの選手で193センチと上背があって、ヘディングが非常に強い。ヘッドで100回競り合ったら、多くても一度か二度しか勝てないだろう、怪物だよ」

【動画】凄いのは空中戦だけじゃない!名手カンナバーロが脱帽したK・アンデションの圧巻ゴール集

 元スウェーデン代表のK・アンデションは、1994年のアメリカ・ワールドカップで5ゴールを挙げて注目を集めた大型ストライカー。イタリアでは、バーリ、ボローニャ、ラツィオの3チームでプレーし、とりわけボローニャではエースとして非凡な決定力を披露した。

 とはいえ、得点王争いをするような活躍をしたわけではなく、意外な人選に、『Corriere dello Sport』は「センセーショナルだ」と綴っている。

 175センチのカンナバーロとは18センチの身長差があるため、さしもの名DFも、空中戦では相当苦労させられたようだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ