令和初の3連勝! 浦和が一気に上位争いへ加わる気配も!? ノルウェーリーグ得点王の合流も間近に!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月12日

きめ細かい指導を続けてきた守備戦術は上手く機能

3連勝を達成した徳島戦後、ロドリゲス監督と喜びを分かち合う槙野。安定したプレーで失点は減少傾向に。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ9節]浦和1-0徳島/4月11日(日)/埼玉

 浦和レッズは11日のJ1リーグ9節、徳島ヴォルティスをホームに迎え撃ったゲームで1-0の勝利を飾り、2019年4月以来の3連勝を飾った。その3勝目となった清水エスパルス戦は、「興梠慎三が平成ラストゴールを決めた」と話題になった一戦だったので、令和になって初の3連勝ということになった。

【9節PHOTO】浦和1-0徳島|小柄な関根がヘディングで決勝ゴール!浦和が3連勝を達成!

 この徳島戦までのリーグ9試合を終えて12失点をしているものの、リカルド・ロドリゲス監督が「確かに今まで多くの失点をしているが、そのうちの8失点は川崎フロンターレ戦(0-5)と横浜F・マリノス戦(0-3)の2試合で起こったもの」と話したように、残り7試合では4失点であり、無失点試合も4試合になった。

 特に、昨季までサイドからのクロスに脆弱性を見せてきた最終ラインは、大きくメンバーが代わったわけではないものの、トレーニングキャンプでの狭いエリアで始まったメニューによる意識づけから、ポジショニングの修正、シュートブロックに飛び出す選手の身体の向きといったきめ細かい指導が結果に出ている。

 そして、原則的には片方のサイドに追い詰めて、大きなバックパスを経由した場合以外は逆サイドへ展開させないという守備戦術もまた機能している。ボール保持率が高まったことで、攻撃を受ける回数自体が減ったことも作用している面があるだろう。

 一方で、やはり課題になり続けているのは得点力だ。この3連勝では2点、2点、1点と合計5ゴールを奪ったものの、流れの中からは2点。9試合を終えて8得点で、そのうち5点がセットプレーという状況は、最終ラインから運んだボールをビッグチャンスにつなげる回数の少なさが根本的な問題として横たわる。

 2月にブラジル人ストライカーのレオナルドが中国へ電撃移籍して始まったシーズンは、杉本健勇が1トップでプレーする、武藤雄樹がゼロトップ気味にプレーする、武藤、明本考浩、興梠慎三の誰かが杉本と2トップを組むというパターンがこれまで前線ではあったものの、「これ」と言える組み合わせが見つかっていないのが現状だ。

【動画】関根貴大の決勝点で3連勝!浦和vs徳島戦ハイライト

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ