C・ロナウドがユニホームを投げ捨てて激怒!パスを出さなかった同僚2選手に不満か?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月12日

指揮官ピルロも「怒っていた」

ノーゴールに終わり、不満を露わにしたC・ロナウド。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間4月11日に行なわれたセリエAの第30節で、ユベントスはジェノアとホームで対戦し、3-1と快勝を飾った。

 だが、ひとり納得がいかなかった選手がいたようだ。エースのクリスチアーノ・ロナウドである。ユニホームをピッチに脱ぎ捨てて、ドレッシングルームヘと下がったのだ。

 イタリアのサイト『Fanpage』は、 「C・ロナウドは、アリアンツ・スタジアムのピッチで文字通り激怒した。ユベントスはジェノアに3-1で勝利したが、ポルトガル人選手は得点できず、彼をナーバスにさせた。終了のホイッスルの後、猛烈にユニホームを投げ捨て、ドレッシングルーム室に向かって走った」と伝えている。

【画像】同僚に激怒? 試合後にユニホームを投げ捨てるC・ロナウド
 記事は、「試合を通して、同僚のアルバロ・モラタやフェデリコ・キエーザからパスをもらえなかった」ことで気分を害したと続けている。

 スペイン紙『AS』は、アンドレア・ピルロ監督が、この一件について、「クリスチアーノはゴールを決められなかったことに腹を立てていた」と認めたうえで、次のように語ったと報じている。

「彼にはチャンスがあり、彼のようなレベルのプレーヤーが、常に自分の記録を改善したいと思うのは普通のことだ。怒るのもよくあることだ。罰金などはないよ」

 22分には、キエーザが打ったシュートのこぼれ球を詰めるも、ポストに直撃し、そのボールをモラタがゴールするシーンもあった。負けず嫌いな男だけに、フラストレーションが溜まるところがあったのだろう。

 なお、脱ぎ捨てられたユニホームは、ボールボーイがゲットしたようだ。そもそもシャツを投げたのはこの少年に渡すためだったと報じる現地メディアもあるが、真相は……。

サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】C・ロナウドのシュートがポストに当たって“珍アシスト”になったシーン

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ