「自分がやるか、やらないか」相模原の攻撃の軸・平松宗は、3連勝中の栃木相手に自らの存在価値を示せるか

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年04月09日

「1回のチャンスをモノにする。それは常に意識している」

平松が得点すれば、チームは必ず勝点を手にする。攻撃の最重要キーマンにかかる期待は大きい。写真:滝川敏之

画像を見る

 不動の存在――そう言っても差し支えないだろう。

 開幕からここまでの6試合、唯一の全試合フルタイム出場を果たすFWの平松宗は、チームトップの2ゴールをマーク。2-1で勝利した4節・大宮アルディージャ戦、2-2で引き分けた6節・アルビレックス新潟戦、それぞれで1得点。大宮戦では昇格組のSC相模原にとって待望の“J2初勝利”をもたらし、新潟戦では首位を走る難敵から勝点1をもぎとるドローに貢献した。

「決められるチャンスで決めきれている」と確かな手応えを感じている。「試合に出させてもらっているので、自分なりに全力でできているかなとは思っています」。

 もちろん、現状に満足はしていない。6節終了時点でのチームの戦績は1勝3分2敗で勝点6。降格圏のひとつ上の18位。「結果がやっぱり……。勝てる試合もあるので」と、さらなる奮起を期す。

 今季の相模原で平松は2トップもしくは2シャドーで起用されている。本来はCFタイプで、「シャドーは守備の面が多くなることもあるので、難しさは多少あります」と語るが、「フミさん(三浦文丈監督)が分かりやすく教えてくれますし、難しいですけど、やりがいはあります」と意欲的だ。

 最前線と2列目。どちらがいいかと訊けば、「どっちもゴールの近くというか、直結できるポジションなので。どっちでも」と応じる。サイドでもいいか? と水を向ければ、「最終的にゴール前に顔を出せれば点は取れると思う。自分がやるか、やらないかなので」と言葉に力をこめる。

 安定感あるポストプレーでも頼りになる。「それは自分の持ち味。ボールを収めないと攻撃できないし、そこは絶対に負けない、そういう気持ちでやっています」。
 
 攻撃の最重要キーマンにかかる期待は大きい。次節は栃木SCの敵地に乗り込む。目下3連勝中の手強い相手だ。

「すごくハードワークして、勢いに乗っていて、守備が堅い。でもそのなかでも絶対にチャンスは来ると思う。1回のチャンスをモノにする。それは常に意識しているので、そこの集中力と精度をしっかり上げたい」

 冒頭で記したとおり、平松が得点すればチームは必ず勝点を手にしている。今度も目に見える結果で、自らの存在価値を証明したい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストweb編集部)

【J2第6節PHOTO】相模原2-2新潟|新潟の連勝が5でストップ。相模原は逆転に成功するも追いつかれドロー決着
 
【関連記事】
「クボがクオリティを高めたじゃないか」敵将が久保建英を名指しで称賛!ヘタフェの“アンチ・フットボール批判”に持論
「ライバルだったのに…」鈴木優磨のゴール量産に韓国メディアも驚嘆! 燻る元同僚イ・スンウには嘆き「スズキと比べて物足りなさが際立つ」
「我々も目指すべき」7失点完敗にパラグアイ・メディアがなでしこジャパンを称賛!「日本は世界の強豪だ」
なでしこ岩渕真奈、地元が作成した渾身の“1000枚フォトモザイク”に感動!「仲良し幼馴染もどっかにいます」
「鬼強いやん」パラグアイに7発圧倒のなでしこジャパンに賛辞続々!「岩渕のドリブルはワクワクする!!」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ