「我々も目指すべき」7失点完敗にパラグアイ・メディアがなでしこジャパンを称賛!「日本は世界の強豪だ」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月08日

「失点はライバルの手柄というよりも…」

ゴールを喜ぶ岩渕(左)ら、なでしこジャパンの選手たち。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 完勝のなでしこジャパンを、パラグアイ・メディアも称えている。

 日本女子代表は4月8日、国際親善試合でパラグアイ女子代表とユアテックスタジアム仙台で対戦。立ち上がりから圧倒的に押し込むなかで、6分に南萌華が幸先よく先制点を奪うと、その後エースの岩渕真奈の2得点など、圧巻のゴールラッシュ。結局FIFAランキング10位の日本が、同47位のパラグアイを7-0で一蹴した。

 この結果をパラグアイ・メディア『Versus』は「アルビロージャ(パラグアイ代表の愛称)、日本に大敗」と見出しを打ち、意気消沈気味に伝えている。

「2019年11月のアルゼンチン戦(●1-2)以来となったパラグアイ女子チームは、ベストな状態を見せることができず、0-7という大差で敗れた。日本は、エピファニア・ベニテス率いるチームのディフェンスの乱れをついた。失点はライバルの手柄というよりも、自分たちのミスによるものが多い」
 
 やや言い訳めいた言葉も並べた『Versus』だが、対戦国日本については「目指すべき」だと賛辞を送る。

「日本は世界の強豪で、我々のチームもそれを目指すべきだ。過去には、2011年ドイツ・ワールドカップ(W杯)で世界チャンピオン、2015年カナダW杯で準優勝、2019年フランスW杯ではラウンド16に進出。2012年ロンドン五輪でも銀メダルを獲得しているほか、アジアでは何度も王者になっている」

 なでしこジャパンにとっても、昨年3月のアメリカ戦(●1-3)以来の代表戦で、戦前には不安の声も少なくなかったが、迫力のある攻撃でパラグアイを圧倒。東京五輪で悲願の金メダル獲得へ、大きな弾みのつく勝利となった。次は11日に、パナマ女子代表と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【女子代表PHOTO】日本7-0パラグアイ|岩渕が2ゴールの活躍!約1年ぶりの国際試合は7得点で大勝を飾る!
【関連記事】
「女優さんに見えるよ‼️」田中陽子が披露した“すまし顔”に賛辞続々!「フォトブック出して欲しいな」
「目を閉じていても獲得する」ザッケローニが冨安健洋に賛辞!「日本人を指導したが、彼らは…」
「ライバルだったのに…」鈴木優磨のゴール量産に韓国メディアも驚嘆! 燻る元同僚イ・スンウには嘆き「スズキと比べて物足りなさが際立つ」
「夢のようなゴールだ」大迫勇也の華麗なボレー弾を現地メディアが絶賛!「完璧なターン」
海外も騒然となった大久保嘉人への“蹴り上げシーン”、判定は妥当だったのか? 元レフェリーの見解は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ