今季初先発で一発回答! 東京Vの大卒新人・佐藤凌我が圧巻2ゴールで勝利の立役者に!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月04日

「チームのために走って、得点して、勝たせられる選手になりたい」

プロ初得点を含む2得点の活躍でチームに勝利をもたらした東京Vの佐藤凌。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 圧巻のパフォーマンスだった。

 東京ヴェルディの大卒ルーキー、FW佐藤凌我は開幕から途中出場を続けていたが、6節・水戸ホーリーホック戦で今季初の先発に抜擢される。

 すると開始2分、さっそく期待に応えてみせる。梶川諒太の縦パスを起点に、相手ゴール前で佐藤優平との連係から抜け出し冷静なフィニッシュでゴールネットを揺らす。

 さらに1-1で迎えた73分には、エリア内のこぼれ球に素早く反応して右足を振り抜き、強烈なシュートを突き刺す。東京Vは佐藤凌の2ゴールで開幕戦以来の白星を挙げた。

 殊勲の22歳は試合後のフラッシュインタビューで次のように語った。

「この素晴らしい味スタの地で、素晴らしいサポーターのもとで、点を決めたいとずっと思っていたので。それを実現できて本当に嬉しく思います。

 前節、チームとして不甲斐ない形で負けてしまって(対新潟戦で0-7の完敗)、この試合は大事になると話していたので、自分はチームのために、チームの勝利のためにプレーするだけだと思って試合に臨みました。

(1点目の抜け出しは)あれが自分の持ち味だと思っているので、開始早々に優平さんが良い位置にボールを置いてくれたので、あとは振るだけのシュートでした。(2点目は)FWとして、あそこのポジションにいて、しっかりゴールを決めるのが役割だと思います」

 得点の場面以外でも、アグレッシブなプレーで攻撃を勢いづけた。

「推進力は自分の持ち味としてあるので、上手く出せたと思うけど、ボールを収める部分だったり課題があったので、そこは改善していきたい」
 
 この日の活躍に満足せず、今後の活躍を誓う。

「まだまだリーグは続いていく。このあとも、チームのために走って、得点して、勝たせられる選手になれるように頑張っていきたいです」

 ポテンシャルを秘めたアタッカーのさらなる活躍に注目だ。

構成●サッカーダイジェストweb編集部
【関連記事】
【J2】首位新潟は相模原と引き分けて連勝止まる。京都は千葉に競り勝ち、秋田を破った松本が今季初勝利
新潟の連勝がついにストップ! 昇格組の相模原が意地を見せて2-2のドロー決着!
「なぜモンゴル戦に出場させた!?」冨安健洋の“無駄な勝利”への起用に、ボローニャ指揮官が怒り心頭!
徳島がクラブ史上初のJ1連勝! 宮代の2戦連発弾などで清水に3-0の完封勝利!
「うらやまし過ぎる」香川真司のPAOKユニ姿を“超人気マンガ家”が描き下ろし! 国内外から羨望の声続々

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ