新潟の連勝がついにストップ! 昇格組の相模原が意地を見せて2-2のドロー決着!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月04日

相模原は一時、逆転に成功も…

点の取り合いとなった試合は勝点1を分け合う結果に。写真:滝川敏之

画像を見る

 J2リーグは4月4日、第6節の計8試合を各地で開催。相模原ギオンスタジアムで行なわれたSC相模原対アルビレックス新潟の一戦は、2-2と引き分けた。

 序盤にカウンターとサイドチェンジでチャンスを作ったのは相模原。どちらもゴールには至らなかったが、試合の入りとしては悪くなかった。8分には舩木翔のスルーパスからユーリが惜しいシュート。ホームチームが良いリズムを掴む。

 しかし、先制したのはアウェーの新潟。13分、左サイドからの高木善朗のクロスをロメロ・フランクが右足で流し込む。

 ビハインドを背負った相模原だが負けていない。23分、星広太が相手ペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。これをユーリが確実に仕留めて、試合を振り出しに戻す。前半は1-1の同点で折り返す。

 迎えた後半、チーム2点目を決めたのは相模原。48分、自陣からのロングボールに抜け出した平松宗がGKとの1対1を冷静に制して逆転弾ゲットする。

 さらに相模原は53分、ユーリの横パスから星が決定機を迎えるが、左足のシュートは枠を捉えきれず。3点目とはいかなかったものの、勢いのある攻撃を見せる。

 相模原がやや優勢に試合を進めるなか、新潟がセットプレーのチャンスをモノにする。61分、島田譲のCKにファーサイドで高宇洋がヘディングシュートをねじ込み、同点とする。
 
 一進一退の攻防が続くなか、その後は両チームとも得点できず、試合は2-2で終了。開幕5連勝の新潟は連勝がストップ。昇格組の相模原は価値ある勝点1を手にした。

 次節の第7節は4月10・11日に開催。相模原はアウェーで栃木SCと、新潟はアウェーでモンテディオ山形と、それぞれ11日に対戦する。

構成●サッカーダイジェストweb編集部
【関連記事】
「うらやまし過ぎる」香川真司のPAOKユニ姿を“超人気マンガ家”が描き下ろし! 国内外から羨望の声続々
日韓戦で浮き彫りになった“サイドバック飢饉”。深刻化する韓国では「実力が劣る選手のポジション」との価値観も
「モデルさんか何かかなぁ」Jリーグ『サポコレ』の女子サポにファン喝采!「スタジアム女神」
「小さい頃からずっと…」神戸・菊池流帆が仙台戦で叶った“ふたつの夢”を告白! 得点後には…
「有名なのは久保だが…」U-24アルゼンチン代表指揮官が印象に残った日本の選手は? 「突出している」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ