“好調”久保建英に与えられたのはわずか10分!オサスナとの肉弾戦は無得点ドローで決着

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月04日

前節エルチェ戦で初アシストをマークするも…

オサスナ戦で2試合ぶりのベンチスタートとなった久保。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間4月3日に開催されたラ・リーガ第29節で、久保建英が所属する14位のヘタフェが、13位のオサスナと敵地で対戦した。

 7試合ぶりにスタメンで起用された前節のエルチェ戦で今シーズンのラ・リーガ初アシストをマークした久保は、インターナショナルウィーク中にU-24日本代表でアルゼンチンとの2試合を戦ったこともあり、ベンチスタートとなった。

 試合は予想通り、序盤から激しい肉弾戦となるが、両軍とも攻撃の精度を欠き、なかなか決定機が作り出せない。前半のチャンスらしいチャンスは、ヘタフェのアランバリのミドルシュートがGKの好セーブに阻まれた25分のシーンぐらいだった。

 アウェーチームは後半開始早々にククレジャとのワンツーからアレニャが好機を迎えるも、シュートはGKの正面を突く。

 代表戦も含めて3戦3アシストの久保にようやく出番が回ってきたのは、スコアレスで迎えた81分だった。最初の交代カードでティモールに代わって投入され、トップ下に入る。だが与えられた約10分間のプレーでは、ほとんどボールにタッチできず、見せ場を作ることはできなかった。

 試合はこのままスコアレスドローで終わっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】絶妙の右足クロス!躍動した久保建英の今季初アシストはこちら
 

 
【関連記事】
「クボは忘れられていた」久保建英の遅すぎる投入に現地紙が皮肉!「試合に参加できなかった」
なぜ三笘薫はアルゼンチンを“抜けなかった”のか。内田篤人の見解は?「久保くんと違うのは…」
「タケは日本人のイメージと違った」ヘタフェの重鎮FWマタが語る久保建英の“素顔”「特に優れているのは…」【独占インタビュー】
「有名なのは久保だが…」U-24アルゼンチン代表指揮官が印象に残った日本の選手は? 「突出している」
「知性が際立っている」MF中井卓大が“マドリーの有望な若手スター20人”でトップ3に堂々選出! 地元メディアがプレービジョンを絶賛

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ