「羨ましい! 連日のショータイムだ」五輪代表に続く森保ジャパンの圧勝劇に中国驚愕! 欧州組9人に「我々のウー・レイは2部で苦しんでいるのに…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月31日

ウー・レイを引き合いに出して

代表では自身初のハットトリックを達成した大迫(15番)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部:JMPA代表撮影)

画像を見る

 他国も羨むゴールショーだった。

 3月30日、日本代表はカタール・ワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル代表戦に挑み、14-0の歴史的大勝利を収めた。

 新型コロナウイルスの影響で、モンゴルのホーム扱いながらフクダ電子アリーナで行なわれたゲームは、13分に南野拓実が左足で決めた先制ゴールを皮切りに、森保ジャパンが怒涛のゴールラッシュを披露。前半だけで5点を奪うと、後半も攻撃の手を緩めることなく、なんと9点を追加し、これまでの日本のワールドカップ予選最多得点記録(10点)を大幅に更新してみせた。

 この結果に衝撃を受けたのが中国のメディアだ。『PP体育』は、「羨ましい!五輪代表が3-0でアルゼンチンを破ったのに続き、日本代表は14ゴールでアンダードッグを打ち負かした」と題した記事を掲載。前日にU-24代表が南米の強豪アルゼンチンを3-0で下したのに続き、日本が快勝したことを伝えている。

「日本はワールドカップ予選でモンゴルを破り、歴史的な予選の得点記録を塗り替え、5連勝を達成した。5試合で得点は27、失点は0。昨夜のオリンピック代表の親善試合で、日本がアルゼンチンを3-0で破ったのに続き、連日のショータイムだ」

【PHOTO】森保ジャパンがモンゴル相手に14発のゴールショー! 歴史的大勝を厳選フォトで!
 さらに、「日本は完全にゲームを支配し、モンゴルの選手たちは技術、体力の面でまったく追いつくことができなかった」と綴った『PP体育』は、自国のエースを引き合いに出して、その差を嘆いている。

「日本のメンバーリストを見ると、欧州でプレーする選手が9人も選ばれ、そのうち大迫勇也、浅野拓磨、南野拓実、鎌田大地、伊東純也らがゴールを決めた。一方、中国(の欧州組)は、スペイン2部で出場するのに苦労しているのはウー・レイだけであり、彼の存在感はどんどん希薄になっている」

 歴史的ゴールラッシュを決め込んだ日本のメンバーの豪華さに、驚きを隠せなかったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ