「無慈悲なる破壊!」モンゴル戦で14発圧勝の森保ジャパンにFIFA公式も驚愕!「ゴールへの執着心をたぎらせた」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月30日

今予選ではイランと並んで最多タイ

最後までいっさい手を緩めなかった日本。伊東(左)も2得点を決めるなど右サイドで躍動した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部:JMPA代表撮影)

画像を見る

 取りも取ったり、14ゴールを積み上げた。

 火曜日夜にフクダ電子アリーナで開催されたカタール・ワールドカップ予選、モンゴル代表との一戦で、森保ジャパンがゴールラッシュを決め込んだ。13分の南野拓実のゴールを皮切りに、大迫勇也のハットトリック、守田英正や古橋亨梧らの代表初得点など14得点を挙げて、ワールドカップ予選での最多得点記録を更新。2次予選で5連勝を飾り、次節のミャンマー戦で勝利すれば、早くも最終予選進出を確定できる。

 圧巻のゴールショーを速報で伝えたのが、FIFAの公式サイトだ。「グループFの首位と最下位の戦いで、日本が無慈悲なる破壊でモンゴルを下した」と書き出し、次のようにレポートしている。

「力の差は歴然だった。13分にミナミノの一撃で水門をオープンさせたサムライブルーは、そこからモンゴルのゴールを蹂躙し、前半だけでリードを5点にまで広げる。後半に入ってもゴールへの執着心をたぎらせ、オオサコのハットトリックなどでゴールを重ね続けた。終わってみれば問答無用の14ゴール。2022年カタール・ワールドカップ予選では最多タイとなる大差勝ちだ(2019年10月にイランがカンボジアに14―0で勝利している)」

 残る日本の2次予選は3試合。6月3日にミャンマー(横浜)と、同7日にタジキスタン(吹田)と、そして同15日にキルギス(吹田)と戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】森保ジャパンがモンゴル相手に14発のゴールショー! 歴史的大勝を厳選フォトで!
【関連記事】
「日本の皮肉や嘲笑が後を絶たない」収まらない日韓戦圧勝の“お祭り騒ぎ”に韓国メディアが嘆き!「愉快ではない」
【日本14-0モンゴル|採点&寸評】MOMを選ぶのが難しい各選手の活躍ぶり! 最後まで手を抜かない戦い方は見事
「大迫半端なさすぎる」「稲垣最高かよ!」森保ジャパンが衝撃の14発! “歴史的大勝”にファンも驚愕
「日本国旗なんてふざけるな!」韓国代表ユニの胸元に刻まれた“世界基準”がまさかの大炎上!「自尊心はどこへ?」
「どの国に完敗したと思ってるんだ!」惨敗した日韓戦の“ベント采配”を韓国メディアが徹底糾弾!「日章旗問題よりも重要」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ