「現代サッカーではめったに見られない数字」歴史的14発に欧州メディアも驚愕!「異常な強さで圧倒した」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月31日

「GKゴンダもフィールドにいたが、ほとんど…」

ポルトガルで活躍する守田にも、代表初ゴールが生まれた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部:JMPA代表撮影)

画像を見る

 記録的勝利に、欧州メディアも驚きをもって伝えている。

 日本代表は3月30日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で、モンゴル代表とフクダ電子アリーナで対戦。立ち上がりから日本が押し込むなかで、13分に南野拓実のW杯予選5試合連続ゴールでスコアを動かすと、そこからは圧巻のゴールラッシュ。

 結局、大迫勇也のハットトリックや、守田英正、稲垣祥、古橋亨梧の代表初得点など、合計14得点を挙げ、W杯予選での最多得点記録を更新。圧倒的な攻撃力でモンゴルを一蹴した。
 
 史上空前の大勝劇は瞬く間に海を越え、現在守田(サンタ・クララ)がプレーしているほか、かつてGK権田修一(元ポルティモネンセ)も在籍していたポルトガルまで到着。現地メディア『O JOGO』では、「サンタ・クララのMFが得点」と題した記事で、「現代サッカーではめったに見られない数字でモンゴルを撃破した。日本チームの得点はなんと…14点だ」と、興奮たっぷりに伝えている。

 また、同メディア『Record』でも「日本が異常な強さで圧倒し、14-0で勝利。元ポルティモネンセのGKゴンダもフィールドにいたが、ほとんど注目されなかった…」とユーモアを交え、防戦一方ならぬ“攻戦一方”な様子を表現している。

 日本は残りの2次予選3試合を6月に実施。この勢いをさらに加速させ、世界を驚かせ続けたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】森保ジャパンがモンゴル相手に14発のゴールショー! 歴史的大勝を厳選フォトで!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ