「怜央くんのプレーは…」U-24日本代表、古賀太陽が左SBの新たなライバル出現に言及。「危機感を持たせてくれる」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月28日

「自分にないものを持っている選手」

古賀がポジションを争うライバルの旗手について言及した。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 3月27日、U-24日本代表のDF古賀太陽がオンラインで取材に応じ、新たなライバルとなった旗手怜央について口を開いた。

 26日に行なわれたU-24アルゼンチン代表戦に左サイドバックで先発出場したのは、古賀ではなく旗手だった。本来、前線の攻撃的なポジションを主戦場としていた旗手だが、今季は川崎フロンターレで左サイドバックのレギュラーに定着。物怖じしない積極的な攻撃参加で首位を走るチームを支えている。

 アルゼンチン戦での旗手のプレーをベンチで見守っていた古賀は、「自分にないものを持っている選手なので、すごくリスペクトもある」と尊敬の念を示した。

「Jリーグの試合を見ていてもそうですけど、やっぱり怜央くんの左サイドバックでのプレーというのは、いまのリーグのなかでもすごく存在感が強くあると思う。僕自身、参考になるシーンがすごく多いなと思っています」
 
 ただ評価はしつつも、今後五輪代表のポジションを争う“ライバル”であることには変わりはない。古賀は、「(旗手は)危機感を持たせてくれているので、すごく僕としてはポジティブですし、怜央くんの良さに負けないぐらい自分の良さも出して、もう少し突き詰めていけたらと思います」と前向きにコメントした。

 アルゼンチン戦では66分に、その旗手と代わって途中出場。南米の選手のスピードと強さを「忘れてはいけない」と話し、「常にトップレベルを意識しながら追求したい」と今後に向けての意気込みを語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】U-24日本0-1U-24アルゼンチン|久保・三笘らチャンスを作るもゴールをこじ開けられず… 3日後の再戦に期待
【関連記事】
「最も衝撃的な瞬間だった」日本のファンの振る舞いに敵国アルゼンチンが感動!「完全な沈黙があった」
「日本国旗なんてふざけるな!」韓国代表ユニの胸元に刻まれた“世界基準”がまさかの大炎上!「自尊心はどこへ?」
視聴率8.9パーセント、韓国メディア各社が報じた“横浜惨事”――スコアだけでなく「マナーでも負けた」屈辱的な敗戦
「吉田と冨安を相手に何もできず」至宝イ・ガンインへの“酷な仕打ち”に韓国メディアが苦言!「2万キロ移動して残ったのは虚脱感」
「どの国に完敗したと思ってるんだ!」惨敗した日韓戦の“ベント采配”を韓国メディアが徹底糾弾!「日章旗問題よりも重要」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ