• トップ
  • ニュース一覧
  • 「わざとじゃないと感じた」冨安健洋が明かす日韓戦“流血騒ぎ”の舞台裏。「半分折れた」歯の具合は…

「わざとじゃないと感じた」冨安健洋が明かす日韓戦“流血騒ぎ”の舞台裏。「半分折れた」歯の具合は…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月27日

歯の治療で会見開始が約2時間遅れに

冨安が日韓戦の流血シーンについて言及した。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 3月27日、日本代表のDF冨安健洋がオンラインで取材に応じ、韓国戦で流血騒ぎとなったシーンついて言及した。

 25日の日韓戦にセンターバックで先発出場した冨安は、安定した守備で3-0の完封勝利に貢献。問題のシーンは68分に起こった。ボールに関係のない位置で韓国代表のMFイ・ドンジュンが振り上げた腕が、マークについていた冨安の顔面に直撃。口元から流血し、試合が一時中断した。

 危険なシーンであったが、試合の翌日に冨安がインスタグラムを更新。「彼が故意的にやった事ではないと信じています。大きな問題にならない事を願っています!」とコメントし、この紳士的な投稿が反響を呼んでいた。

 さらに27日にもオンラインでの会見でこの一件について言及。歯の治療のため、2時間程度遅れて取材に応じた冨安は、「大丈夫です。歯が半分折れちゃったって感じですが、試合も練習も問題なくいけます。とりあえず応急処置をして、見た目が戻ったって感じですかね(笑)」と現在の怪我の状況を明かした。
 
 また負傷したシーンについては、「相手の反応を見てもわざとじゃないと感じた」とイ・ドンジュンを気遣った。

「僕も手を使って相手FWをコントロールすることは意識していること。スローインになったシーンで、相手を抑制するために僕も手を使っていたので、たぶん相手はその手を払おうとして、僕の顔に腕がたまたま当たった感じだと思っています。試合終わってすぐ『ごめんね』とのメッセージも来ましたし、別に気にはしていないです。試合中には良くあることだと思います」

 日本代表の将来を担うDFリーダーは、あくまで大人な対応を貫いた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本3-0韓国|2021年初戦は韓国相手に3得点で勝利!モンゴル戦へ向けて好発進!
【関連記事】
「故意ではないと信じている」流血した冨安健洋、相手選手の“顔面肘打ち行為”に言及。「あなたの人柄に感動」と韓国のファンも絶賛!
視聴率8.9パーセント、韓国メディア各社が報じた“横浜惨事”――スコアだけでなく「マナーでも負けた」屈辱的な敗戦
「日本国旗なんてふざけるな!」韓国代表ユニの胸元に刻まれた“世界基準”がまさかの大炎上!「自尊心はどこへ?」
【韓国戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「韓国を笑いものにした」日本に惨敗で敵国メディアが指揮官を“臆病者”と酷評!「韓日戦の重要性を知らないのか?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ