「日本が羨ましい限りだ」中国メディアが“宿敵”に完勝の森保Jを絶賛!「終盤韓国人は闘志を失っていた」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月26日

「GKキム・スンギュの英雄的なパフォーマンスがなければ…」

ゴールを決め、喜ぶ日本の選手たち。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日韓対決を中国はどう見たのだろうか。

 日本代表は3月25日、日産スタジアムで韓国代表との国際親善試合を実施。立ち上がりから鋭い出足を見せて押し込んだ日本は、16分に大迫勇也のヒールでの絶妙アシストから、この日が代表デビューの山根視来が先制点を奪う。

 完全にペースを掴んだ日本は以降も試合を有利に進め、27分に鎌田大地、83分に遠藤航と、ブンデスリーガで活躍するふたりがそれぞれ追加点を挙げ、勝負あり。3-0で、スコア上でも“宿敵”を圧倒した。

 これに対し、中国のスポーツメディア『新浪体育』は「アジアの2大サッカー大国である日本と韓国がウォームアップマッチを行なった」と、以下のように詳細にレポートしている。
 
「どちらも最強のラインナップは送っていなかった。韓国はソン・フンミンとファン・ヒチャンは参加しておらず、日本も岡崎慎司、柴崎岳、堂安律、久保建英は登場しなかった。しかし、2軍の選手で戦った日本は、同じく2軍の選手で戦った韓国を簡単に破った。途中出場のGKキム・スンギュの英雄的なパフォーマンスがなければ、韓国はさらに負けていただろう。

 試合全体を通して、韓国はほとんど全ての数値で日本に差をつけられた。 シュート数では、19対6と日本が大きくリードしている。 韓国唯一のアドバンテージは、ファウルの数が相手よりも少なかったことだ。 試合終盤になると、常に士気が高かった韓国人は、闘志を失っていた」

 また、『新浪体育』の別記事では、母国の代表チームを引き合いに出し、嫉妬も交えながらサムライ戦士の欧州での躍動も伝えている。

「日本のチームは、冨安健洋、鎌田大地、大迫勇也、南野拓実など、国際的に活躍している選手が揃っており、羨ましい限りだ。韓国戦で得点を挙げた鎌田は、ブンデスリーガ4位のフランクフルトで4ゴール・9アシスト、遠藤航も同リーグのシュツットガルトで活躍している」

 今回の完勝劇は、中国へも大きなインパクトを与えたようだ。日韓戦翌日に強豪アルゼンチンと戦うU-24日本代表もこの勢いに続き、アジアを、世界を驚かせたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本3-0韓国|2021年初戦は韓国相手に3得点で勝利!モンゴル戦へ向けて好発進!
【関連記事】
「ヨコハマの惨劇!」「完璧に叩きのめされた」日韓戦で完敗を喫した母国代表チームを韓国メディアが糾弾!
「2軍だったのは言い訳にならない」日本に惨敗の韓国代表を母国メディアが辛辣批判!「長所の闘志でも負けていた」
【日本3-0韓国|採点&寸評】日本が韓国に歴史的な快勝劇! MOMは山根、鎌田、遠藤の3人で大いに迷ったが…
【セルジオ越後】山根のプレーを見れば川崎がなぜ強いのかが分かるよ。日韓戦のMVPを挙げるとすれば…
「敗因はゼロトップ」「我々は2軍だから…」日韓戦での完敗を認めつつ、韓国メディアからは負け惜しみの論調も

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ