• トップ
  • ニュース一覧
  • 「情報は選手たちに伝えていた」なぜ森保監督と日本代表は韓国の予期せぬ“ゼロトップ”に対応できたのか

「情報は選手たちに伝えていた」なぜ森保監督と日本代表は韓国の予期せぬ“ゼロトップ”に対応できたのか

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月26日

「ゴールに向かっていく姿勢が素晴らしかった」

森保監督が攻守に圧倒出来た理由を明かした。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[国際親善試合]日本3-0韓国/3月25日(木)/日産スタジアム

 韓国代表を終始圧倒した森保ジャパンが、2021年の初戦を白星スタートで飾った。

 相手に手も足も出させなかった――。日本は立ち上がりから主導権を握り、サイドを起点に積極的な仕掛けを見せると16分に山根視来の代表初ゴールで先制。さらに27分にもカウンターから鎌田大地が自らドリブルで持ち込み追加点を奪い、終盤の83分に遠藤航が左CKに頭で合わせて韓国の息の根を止めた。

 選手全員が連動した安定感の守備から、すぐさま攻撃に枚数をかけ多くの決定機を創出。試合内容で見ても、攻守においてバランスの取れた見事な試合運びだった。

 試合後の会見に出席した森保一監督は、まず攻撃について、「選手たちがアグレッシブで勇敢に球際で戦い、良い守備から攻撃に繋げていこうとトライしてくた。カウンターで単発の攻撃だけではなく、(周りの選手が)ボール保持者に対して勇気を持ってボールを要求し、ゴールに向かっていく姿勢が素晴らしかった。強い気持ちが良い攻撃の形になった」と手ごたえを示した。
 
 また韓国はMFイ・ガンインを最戦線に置く、“ゼロトップ”のようなシステムを採用してきたが、予期せぬ形にも対応できたのはすべて「選手たちの力」であると称えた。

「2019年にE-1で対戦した時と、去年11月に欧州遠征で韓国がメキシコ、カタールと対戦したその3試合をもとに韓国を分析した。システムでは4―3―3や4―2―3―1の形と、メキシコ戦では3バックでも戦っていたので、その情報は選手に伝えていました。しかし、こればかりは試合が始まってみないと分からないので、選手たちがピッチ内でコミュニケーションを取って修正しながらやってくれた。実際に対応したのはピッチ上で選手たちです」

 また森保監督は、「選手、スタッフを含めて、コロナ禍で困難な準備を強いられるなか、日本の国民の皆様に勝利を届けよう、笑顔になって喜んでもらおうということで最善の準備をしてくれた」とコメント。「全員が一丸となってハードワークして、勝てたことが何よりも嬉しい」と喜びを露わにした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本3-0韓国|2021年初戦は韓国相手に3得点で勝利!モンゴル戦へ向けて好発進!
【関連記事】
「2軍だったのは言い訳にならない」日本に惨敗の韓国代表を母国メディアが辛辣批判!「長所の闘志でも負けていた」
【セルジオ越後】山根のプレーを見れば川崎がなぜ強いのかが分かるよ。日韓戦のMVPを挙げるとすれば…
「ヨコハマの惨劇!」「完璧に叩きのめされた」日韓戦で完敗を喫した母国代表チームを韓国メディアが糾弾!
「敗因はゼロトップ」「我々は2軍だから…」日韓戦での完敗を認めつつ、韓国メディアからは負け惜しみの論調も
【日本3-0韓国|採点&寸評】日本が韓国に歴史的な快勝劇! MOMは山根、鎌田、遠藤の3人で大いに迷ったが…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ