「不満だった」元英代表オーウェン、“黄金世代”が結果を残せなかった理由を告白!「強みだったはずの中盤が…」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年03月19日

「3バックのほうが合うと思っていた」

オーウェン(左端)のほかタレント揃いだったイングランド代表の黄金時代はなぜ大舞台で成功できなかったのか。(C) Getty Images

画像を見る

 最高級の選手がそろっても、必ずしも勝利を収められるとは限らない。それがスポーツだ。

 元イングランド代表のマイケル・オーウェンが、「黄金世代」と呼ばれたかつての同代表を振り返り、スベン・ゴラン・エリクソン監督時代のフォーメーションに悔いがあると明かした。

 この快足ストライカーのほかにもウェイン・ルーニーやジョン・テリーなど名選手がそろい、特に中盤にはデイビッド・ベッカム、ポール・スコールズ、フランク・ランパード、スティーブン・ジェラードなどを擁した“スリーライオンズ”(イングランド代表の愛称)だが、主要大会では優勝候補に挙げられながらもベスト8止まりだった。

 オーウェンは英『talkSPORT』で「理由は分からないけど、自分はずっとイングランド代表は3バックのほうが合うと思っていた」と明かしている。

「黄金世代でひとつ不満だったことを挙げるなら、違うフォーメーションでプレーすべきだったということだ。われわれはセントラルハーフがいつも充実していた。ずっとだ。優れたウイングはあまりなかった。ジェラード、スコールズ、ランパードがいて、強みだったはずの中盤が弱点となり、どの試合でも劣勢だった」

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「イングランド代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!
 元ワンダーボーイは「素晴らしいチームだったが、ロングボールを蹴るチームになってしまった」と続けた。

「われわれには素晴らしい、最高のチームがあった。でも、システムがわれわれを殺したと思う」

 2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト4まで勝ち進んだガレス・サウスゲイト監督率いる現在の代表には期待を寄せているようだ。

「ほかのチームと比較すると、われわれには素晴らしい選手たちがいると思う」と語っている

「正直、前回のワールドカップは出来すぎだったと思う。でも、今回はこのチームにとてもソリッドなチャンスがあると思う。優れた選手たちがみんな、どんどん良くなっているのが最高だね」

 延期となったEURO2020で、スリーライオンズは母国開催だった1966年W杯以来となる主要大会での栄光をつかむことができるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
名手オーウェンがイングランド代表の“歴代ベスト11”を選出! 10年間確執が続く大先輩の名も…
ピルロやオーウェンなど粒揃い!「1979年生まれ」でベスト11を組むと?
「英国なら2部レベル」チェルシーOBがCL完敗のアトレティコをバッサリ!「プレミアの底辺」
「彼がいれば0.5人の数的優位だ」トゥヘル監督が絶賛したチェルシー戦士は? 「5歳くらい若返った」との声も
「悲惨なチームだ」大逆転負けでEL敗退のトッテナム、OBから批判殺到!「ケインとソンを引き留められない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 森保ジャパン、躍動!
    12月8日発売
    日本代表・激闘録
    切り開いた“新時代”
    恒例のJ移籍特集に
    欧州組カレンダーも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ