「俺は間違ってない」鹿島入りも噂される“ガビゴール”が衝撃逮捕で呆れた弁明。ブラジル国内屈指のスターが違法カジノのテーブルの下に隠れ…【現地発】

カテゴリ:Jリーグ

リカルド・セティオン

2021年03月15日

パンデミックの厳戒態勢のなかで…

フラメンゴ連覇の立役者だったガビゴールの逮捕にブラジルでは衝撃が走っている。(C)Getty Images

画像を見る

 ブラジルは現在新たなパンデミックにある。

 これまでの累計死者数は28万人、3月12日には1日の感染者数が8万5000人を超え、死者は2000人以上、150万人の重症者がいるという。病院のベッドは公立の病院から高級な私立病院まで、どこも100%埋まっており、富裕層でさえ入院することはできない。

 特にサンパウロ州の蔓延はひどく、この月曜日から警戒フェーズを、これまで定めていた最大の赤から、より一層高い紫に変える。

 営業は必需品を売る店のみ可能で、仕事は基本的にテレワークのみ、公園ビーチの使用禁止、レストランのテイクアウトは禁止、デリバリーのみとなる。前シーズン終了からからほぼ休みなく、先週土曜日から始まったサッカーのサンパウロ州リーグも少なくとも15日間はストップした。コリンチャンスではトップチームの21人が陽性となっている。

 そんな非常に厳しい状態のブラジルで、とんでもないニュースが飛び込んできた。14日の未明、サンパウロの警察はこの状況下で営業していた違法カジノを摘発した。約100人の警官が突入し、そこにいた300人が逮捕された。ブラジルは法律でカジノは禁止されているし、隠された密室の中でプレーしていた客たちは、酒を飲み、マスクを着けていなかった。

 しかし、何よりブラジル人を驚かしたのは、逮捕された客の一人がフラメンゴのガビゴールだったことだ。ルーレットのテーブルの下で、黒いテーブルクロスを頭からかぶって隠れているところを逮捕された。その後テーブルの下から引きずり出された彼は、警察が動画を撮っていることを知ると、今度は白いテーブルクロスをかぶってそのまま連行されていった。その様子はすでにSNSでひろまりつつある。なんとも情けない話だ。

【画像】カビゴールがテーブルクロスをかぶって連行される衝撃逮捕の瞬間
 ガビゴールことガブリエル・バルボーサは2週間前にはフラメンゴで国内リーグ2連覇を果たしたばかりだ。リーグMVPも勝ちとっており、ブラジル国内でプレーする選手の中では一番高額な報酬をもらっており、一番人気の高い選手だろう。

 彼がゴール後に決める、両腕を上げるガッツポーズは、ブラジルの子供たちの間でいまや大流行だ。インテルやベンフィカではポテンシャルを発揮できなかったものの、やっと才能が覚醒したと言われていたのだが……その矢先の出来事だった。

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ