【J1採点&寸評】松本×仙台|松本が岩上の決勝弾を守り切ってJ1ホーム初勝利!

カテゴリ:Jリーグ

長谷川遼介

2015年04月25日

岩上が右足を一閃。前半に耐えた松本が歓喜を呼び込む。

【警告】松本=喜山(50分) 仙台=ウイルソン(90+4分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】岩上祐三(松本)

画像を見る

【試合内容】
 堅守とロングボール主体の攻めが多い両チームの対戦は、前半に風上に立った仙台がセカンドボールを拾いつつ金園と奥埜をDFの裏に走らせ押し込みにかかる。対する松本は酒井、後藤らがマークを離さずに対応。ボール奪取後のパス精度の低さがたたって落ち着かない展開で、互いに決定機が少ないまま折り返した。
 
 後半は風上となった松本が攻勢を強め、60分に岩沼の左クロスからゴール前で混戦となり、するりと抜け出した岩上がファインゴール。その後、仙台は前線にウイルソンを投入するが、堅守を崩せず、松本が3-5-2にシフトしてからは攻め手を失う。先行した松本が手厚くした中盤でこぼれ球を拾い、無失点で終えた。
 
【J1採点&寸評】1stステージ・7節|全9試合の評価をチェック!

【チーム採点・寸評】
松本 6.5
風下の前半は最終ラインを軸に耐え、後半の優位な時間帯を逃さずきっちり決勝点。特に守備は終始コンパクトさを保ってスペースを与えず、組織が破綻することはなかった。ただ攻撃への切り替えの際のパス精度に課題あり。
 
仙台 5.5
風上の前半に有効な攻撃を繰り出せなかったのが響いた。金園の力強さを活かしたかったが、攻撃の厚みがいまひとつ出ず。守備ブロックは堅実だったが、決勝点を与えた60分のシーンだけが痛恨だった。
 
【松本|採点・寸評】
GK
1 村山智彦 6
ピンチで適切なプレーを選択。最後尾から攻撃の起点として積極的なポジショニングも光った。
 
DF
30 酒井隆介 6.5
速さを生かして金園、奥埜のスプリントにきっちりと対応。ピンチの芽を未然に摘んだ。
 
4 飯田真輝 6
チーム随一の高さが相手の脅威に。ロングボールを撥ね返し続けて、無失点勝利に貢献した。
 
13 後藤圭太 6
3バックの中央に陣取って守備組織をきっちり統率。浮き球の競り合いでも優位に立った。
 
MF
3 田中隼磨 5.5
右サイドを献身的に上下動して好機に絡む。ただ、簡単にボールロストする場面もあった。
 
11 喜山康平 5.5
セカンドボールの奪い合いで汗をかいたものの、攻撃時の配球にもう一工夫が欲しかった。
 
6 岩沼俊介 5.5
決勝点の契機になる左クロスを供給した。ただ、それ以外はボールが足につかない場面も。
 
5 岩間雄大 6.5
前後半ともに、中盤のスペースを的確に埋める。こぼれ球を拾って展開した陰の立役者だ。
 
22 前田直輝 6
攻守に奔走して好機にも絡んだ。しかし、前線で時間を作る場面がもう少し欲しかった。
 
8 岩上祐三 7
後半、ゴール前の混戦を抜け出して値千金の決勝点。その落ち着きぶりでチームを救った。
 
FW
9 オビナ 6.5
相手DFに警戒されつつも、ロングボールを収める。起点となって自身の役割を果たした。
 
交代出場
FW
20 石原崇兆 -
オビナとの2トップでサポートする役回り。持ち味を十分に発揮できたとは言い難い印象だ。
 
監督
反町康治 6.5
リードした後半に石原をFWに投入して3-5-2に布陣を組み替え。攻守両面で有効な一手だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ