【J1採点&寸評】仙台×川崎|浦和戦で苦言を呈した大久保が全3得点に絡む活躍。川崎が仙台に逆転勝利!

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2015年04月18日

前半は仙台の狙いどおりの展開も、後半は効果的にプレスがかからず。

【警告】仙台=梁(57分) 川崎=大久保(88分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】大久保嘉人(川崎)

画像を見る

【試合内容】
 前半は仙台が自陣でブロックを作って川崎の攻撃陣を上手く封じ込め、カウンター攻撃でチャンスを創出。28分、ゴール前の混戦で川崎のDFに当たったボールをウイルソンが押し込んで仙台が先制した。
 
 リードされた川崎は、後半の頭から武岡に代えて船山を投入し、4-4-2に変更。70分、途中交代で入った小林が決めて川崎が追い付くと、72分には大久保のスルーパスからレナトが決めて逆転に成功する。
 
 追う仙台は猛攻を仕掛け、80分に多々良のミドルで同点とするも、川崎は86分にカウンターから大久保が決勝点。川崎が仙台の堅守を切り崩す攻撃力の高さを見せつけた。

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・6節

【J1採点&寸評】全9試合の評価をチェック!
 
【チーム採点・寸評】
仙台 5.5
後半、中村や大島にプレッシャーをかけられず3失点。前半の決定機を決め切りたかった。
 
川崎 6.5
後半は見事な修正を施し、仙台の守備を崩すことに成功。前節の反省から終盤は守備で身体を張った。
 
【仙台|採点・寸評】
GK
1 六反勇治 5.5
ビッグセーブもあったが3失点。守備陣をもっと効果的に動かしたかった。
 
DF
33 多々良敦斗 5.5
同点ゴールは素晴らしかったが、レナトや車屋への対応に終始苦しんだ。
 
2 鎌田次郎 5.5
前半は判断の良さが光ったが、後半は相手FWを再三フリーにしてしまった。
 
3 渡部博文 5.5
身体を張って幾度となくピンチを防いだが、時間が経つにつれ、かわされる場面も増えた。
 
5 石川直樹 5
武岡やエウシーニョ、小林に何度も突破され、攻撃参加も不発に終わった。
 
MF
31 茂木駿佑 5.5
守備では身体を張った一方で、攻撃ではシュートこそ打てていたものの、もう少し怖さを見せたい。
 
17 富田晋伍 5
後半、相手FWや中盤の選手をフリーにして逆転を許す。キャプテンシーに物足りなさを感じる。
 
10 梁 勇基 5.5
バランスを見つつ機を見て攻撃参加したが、後半は消える時間も増えた。
 
8 野沢拓也 5.5
攻撃の起点となりウイルソンの先制点を演出するも、守備での貢献が不足していた。
 
FW
7 奥埜博亮 5.5
決定機によく絡み、守備でも奮闘していたが、前半の決定機は決めておくべきだった。
 
9 ウイルソン 6
先制点はさすがのゴールへの嗅覚を見せた。前半もう1回あった決定機を決めたかった。
 
交代出場
FW
11 金園英学 5.5
終盤猛攻を仕掛けていただけに、ゴールが欲しかった。もっとゴールへの意識を高めたい。
 
FW
28 山本大貴 -
スペースへ抜け出す動きは良かったが、決定機には絡めなかった。
 
監督
渡邉 晋 5.5
後半相手の布陣変更に対し有効な手立てを打てなかった。攻撃の完成度をもっと高めたい。
 
【関連記事】
【川崎】大久保が浦和戦の内容に憤怒。「パスが全部安パイ。攻撃が全然怖くねえ」
【J1採点&寸評】川崎×浦和|89分にズラタンが同点弾。上位対決は痛み分けに
【仙台】上位定着への階段は一段飛ばしで上がれない
【J1採点&寸評】横浜×仙台|見事なボレー2発で勝点1を分け合う結果に
2015 J1 1stステージ日程【1節~6節】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ