【仙台】上位定着への階段は一段飛ばしで上がれない

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2015年04月13日

充実した内容の裏に自分の土俵に引きずり込んだ修正あり。

トップ下と2ボランチの三角形を抑え込むために前半途中から戦況に応じて布陣を変更してゲームを支配下に置くことに成功。1列上がった梁⑩は効果的な動きで攻守に躍動した。写真:徳原隆元

画像を見る

 敵地で貴重な勝利を手にできる、はずだった。だが最後の最後で、ボールは仙台のGK六反が伸ばした手に阻止されることなくゴールへと吸い込まれていく。仙台はゲームコントロールに成功しながら、2節の柏戦同様にまたしても逃げ切りに失敗してしまった。

【J1採点&寸評】1stステージ・5節 全9試合の評価をチェック!
 
【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・5節

「(同点弾を決められた)90数分までは我々のプランどおりに進んでいたと思う。アウェーで勝点1を奪えたことをポジティブに捉えたいが、もったいない引き分け。勝点3をサポーターと喜びたかったというのが本音」
 
 会見場に入ってきた渡邉監督は、悔しさを隠さない。「勝点2を失った」という共通認識を監督も選手も持ってはいたが、前節・清水戦の試合内容が「勝ちに不思議の勝ちあり」だったことを考えると、この日に見せたサッカーは落胆するようなものでなかったのは救いだ。
 
 前節と前々節では“堅守”という言葉に囚われて最終ラインが引き切ってしまい、合わせるように中盤もズルズルと後ろへ。両者の距離をコンパクトに保ちながらもチャンスを作られたことを考えれば雲泥の差だ。横浜戦では攻撃を受けてもある程度の位置で踏み止まったことで前線からのプレスが効果的にかけられ、また奪った後の推進力が段違いだったのは、ある意味で今季のチームの方向性を示せたと言っていい。
 
 特にボールの出どころと使われたくないスペースを抑え込んだ点は評価できる。相手のトップ下の動きを封じこむために富田をアンカーとして配置し、梁と縦関係を構築。2トップの奥埜も中盤まで下がることを厭わず、戦況に応じてダイヤモンド型の4-4-2や4-1-4-1に布陣を変化させながら相手ボランチからのパス供給を断った。
 
 しかもそうした修正はハーフタイムではなく前半途中に施されたもので、チーム全体の戦術理解度の高さと約束事の徹底がなされている証拠と言えるだろう。「引く時と前に出る時のメリハリが重要」と4節の清水戦後に語っていた渡邉監督が、1週間で見事な処方箋を出して見せたのだ。
 
 浦和と川崎が引き分けたため、90数分ではなく、1試合を通してコントロールに成功していたら浦和、FC東京と同勝点で首位に浮上していた。そう考えると悔しさはさらに膨れ上がるが、横浜で払った授業料が無駄でなかったことを今後示せれば、この日の悔しさなど霧散するに違いない。上位定着への階段は、一段飛ばしでは上がれないのだ。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ