「腕が折れなかったのは奇跡」S・ラモスが批判した“PKなしシーン”、CL決勝でサラーを負傷させたファウルに酷似と話題「お前が言うな」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月14日

エルチェ戦で主審に抗議をするS・ラモス。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間3月13日に行なわれたラ・リーガ第27節で、レアル・マドリーはホームでエルチェと対戦。2-1で劇的な逆転勝利を収めた。

 61分に先制を許したものの、73分にカリム・ベンゼマのヘッド弾で追い付くと、後半アディショナルタイム1分に再びこの9番が左足で鮮やかなボレーシュートを叩き込み、土壇場で試合をひっくり返した。直後にアトレティコ・マドリーがヘタフェと引き分け、その差が6ポイントに詰まっただけに大きな勝利だ。

 だだ、試合中に物議を醸すシーンがあった。53分、マドリーのセットプレーの際に、セルヒオ・ラモスが競り合った敵DFイバン・マルコーネに腕を引っ張られるような形で、敵ペナルティエリア内で転倒。だが、S・ラモスのファウルを取られ、PKを獲得することはできなかった。

 公式戦11試合ぶりとなる故障からの復帰戦となったキャプテンは試合後、「PKだったのは明らかだ。腕が折れなかったのは奇跡的だった」と判定を批判した。

 インターネット上でこの競り合いが話題となっているのは、ある場面に酷似していたからだ。2017-18シーズンのチャンピオンズ・リーグ決勝で、他ならぬS・ラモスがリバプールのFWモハメド・サラーの腕を巻き込むようにして負傷させたシーンだ。

 マドリーは3-1で勝利して13度目の戴冠を果たしたものの、敵のエースを30分で涙の交代に追い込んだS・ラモスのファウルは論争を巻き起こした。

【画像】そっくり? S・ラモスが批判した腕巻き込みシーンと3年前のサラーへのファウル
 
 SNS上では、その3年前のシーンを切り取った画像がいくつも出回り、スペイン代表DFが抗議したことに対して、「お前が言うな」「それでも文句を言う…」「この件についてはプロだからな」といった皮肉めいた声が多数あがっている。

 スペイン紙『MARCA』によれば、マドリーが今シーズンのラ・リーガで獲得したPKは「2つ」で、カディス、ウエスカ、エルチェ、オサスナと並んでリーグ最少タイだという。

 勝ったとはいえ、“白い巨人”のキャプテンには、そのあたりの不満も蓄積しているのかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ