「彼は1000試合くらいプレーしてるので…」長谷部誠を14歳年下の“相棒”が称賛!「僕らを助けてくれる」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月05日

フランクフルトは直近8試合負けなしと調子が上向いている

37歳の長谷部と23歳のソウ(右)のコンビが、フランクフルトの好調を支えている。(C)Getty Images

画像を見る

 長谷部誠と鎌田大地が所属するブンデスリーガのフランクフルトは、直近の8試合で負けなしと好調。4位まで順位を上げている。

 現地紙『Frankfurter Allgemeine Zeitung』がその原動力のひとりとして名前を挙げたのが、スイス代表MFのジブリル・ソウだ。2月7日に24歳になるMFは、2019年夏にチームに加入して以降、負傷なども重なり、なかなかスタメンに定着できなかった。

 だが、昨年11月7日の第8節RBライプツィヒ戦にスターターに抜擢されると、以降は12試合連続で先発を重ね、中盤に安定感をもたらしている。

 同紙は「ソウにピッタリの役割が見つかるまで、時間がかかった。だが、彼は”隣人”である長谷部のサポートを得て、急成長している」と称えた。
 
「経験豊富なベテランである長谷部は、野心家であるスイス人プレーヤーに、それまで不足していた自由を与える存在となった。ソウ自身もそれを理解し、『彼はすでにブンデスリーガで1000試合くらい出場しているので(笑)、一緒にプレーするのは比較的簡単だ』と語った」

 長谷部がスタメン復帰した第12節以降は中盤でコンビを組む機会が増え、「このふたりの安定感が、チームの好調を導いている」と記事は綴っている。ソウ自身も、14歳年上である“相棒”を「ピッチ上のコーチだ」と述べ、厚い信頼を寄せていることを明らかにしたという。

「彼は自分を含めた若い選手をとても良く助けてくれる。フィールドの上ではチーム全体のコーチングもしてくれるんだ」

 フランクフルトは次節、7日にアウェーでホッフェンハイムと対戦する。この日に誕生日を迎えるソウは、長谷部とともに先発予想に名を連ねている。一回り以上の歳が離れたこのタッグは、チームに不可欠になっているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】“21世紀”トップ10入り!長谷部誠のキャリアを厳選ショットで振り返る! 2003~2020

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ