「なんて美しいんだ」カラスコの華麗な股抜きを、“被害者”のマドリー戦士がまさかの激賞!そのフェアプレー精神を現地絶賛

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月08日

何度もマッチアップした相手を称える

カラスコ(左)の華麗なテクニックを与えたのが、L・バスケス(右)だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間3月7日に行なわれたラ・リーガ第26節の大一番、アトレティコ・マドリー対レアル・マドリーのマドリード・ダービーは、1-1のドローに終わった。
 
 15分にルイス・スアレスの鮮やかな先制弾でリードを奪った首位のアトレティコが、リードを守ったまま終盤を迎えたものの、88分にカリム・ベンゼマにゴールをこじ開けられ、宿敵を優勝戦線から蹴落とすことはできなかった。
 
 そのアトレティコの左サイドで精力的なプレーを見せたのが、左ウイングバックに入ったヤニック・カラスコだ。とりわけ、この試合で何度もマッチアップした敵右SBルーカス・バスケスを股抜きでかわした33分のプレーは秀逸だった。
 
【動画】やられたL・バスケスも脱帽!カラスコの華麗な股抜きはこちら
 試合後、この股抜きを称賛したのが、なんと“被害者”のL・バスケスだった。「またね、ルーカス」と添えて『Movistar』のツイッターが公開したこの動画を引用リツイートし、「なんて美しい、カラスコ」と投稿したのだ。
 
「ダービー後のルーカスのフェアプレー」と題して、この事実を伝えた現地紙『AS』によれば、ファンからも称賛の声が挙がっているという。
 
 生粋のDFであれば、股抜きは屈辱的とも言えるが、本職がアタッカーのL・バスケスはショックは少なかった?
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】劇的な結末!激闘となったマドリード・ダービーのハイライト
【関連記事】
「問題が発生した」香川真司はなぜ屈辱の“HT交代”を強いられたのか? PAOK指揮官の見解は――。
「カガワの扱い方を誤った」“香川真司を切った男”をサラゴサ地元紙が糾弾! まさかの降格危機に…
「タケはチャンスを投げ捨てた」久保建英の“消極的選択”にヘタフェ指揮官が嘆き!「悔やんでいる」
「リストに一人もいない」英紙選定の“歴代アジア選手トップ20”に中国衝撃!「日本はスターが大勢いるのに…」
「悪夢だ」マルセイユがフランス杯で4部クラブに“屈辱的敗北”。現地メディアは長友&酒井に辛口評価

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ