「またその話か。後悔しているよ…」韓国の英雄パク・チソンが10年前の日韓決戦での振る舞いに自責の念! なぜ“蹴らなかった”のか?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月05日

細貝萌と競り合うパク・チソン(左)。この日韓戦が代表のラスマッチとなった。 (C)Getty Images

画像を見る

 元韓国代表の“英雄”パク・チソンが、過去の日韓戦での後悔を口にした。3月3日、韓国のスポーツメディア『スポータルコリア』が伝えている。

 2月28日に放送されたテレビ番組のなかで、共演した代表の後輩イ・チョンヨン(蔚山現代)が、「昨年のアジア・チャンピオンズリーグでカタールに行って、アジアカップのことを思い出した。あの時は優勝すべきだった」と語った。

 そのアジアカップというのは2011年のカタール大会だ。準決勝で日本と対戦した韓国は1-1で突入した延長戦でも、互いにゴールを決めるという激闘の末、最後はPK戦(0-3)で敗れている。

【動画】川島永嗣がPK戦で神憑り的活躍!パク・チソンが後悔した日韓戦の模様はこちら
 PK戦で韓国の3人全員が失敗したこともあり、イ・チョンヨンから「なぜPKを蹴らなかたんですか?」と尋ねられたパク・チソンは、「また、それか。みんな会うたびにその話をする。間違っていたし、後悔しているよ」と答え、その理由を明かしている。

「中学最後の大会でPKを失敗したんだ。それから、高校に入ってからも4回連続でミスしてね」

 これを聞いたイ・チョンヨンは、大笑いをしたと記事は伝えている。

 くだんの日韓戦が記念すべき100キャップ目だったパク・チソンは、3位決定戦には出場せず、この大会を最後に代表のユニホームを脱いだのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「史上最高のアジア選手トップ20」を英メディアが選出! 日本から最多の7人がランクイン、ソン・フンミンを抑えての1位は?
「韓国人を見下していたからだ」元大宮イ・チョンスが02年W杯で伊代表主将に食らわした“蹴り”は故意だった! 衝撃発言に中国から非難「恥知らずの悪党」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「ファーガソンが“番犬”を…」名手ピルロが元韓国代表MFパク・チソンとの対戦を回想「もはや感動的だった」
「普通の女の子になりたい」“最も美しい少女”として人気の中国女子選手が突然の引退宣言で現地騒然! 驚きの“真相”とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ