「チームの一員であったことは私の誇りです」開幕直後に徳島のGK瀬口拓弥が新潟へ期限付き移籍

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月01日

新潟はGK小島の負傷離脱を発表したばかりだった

JFLでは通算91試合に出場し、1得点を記録しているGK瀬口。新潟で出場機会を掴むことができるか。(C)J.LEAGUE

画像を見る

 アルビレックス新潟は3月1日、クラブの公式ホームページで徳島ヴォルティスからGK瀬口拓弥を期限付き移籍で獲得したことを発表。背番号は22番に決定した。

 岡山県出身、32歳のGK瀬口は、流通経済大卒業後の2011年に当時JFLのカマタマーレ讃岐に加入。昨季に徳島へ移籍していたが、出場機会には恵まれていなかった。

 シーズン開幕後に急遽移籍することを決断した瀬口は、両クラブのホームページで以下のようにコメントしている。

 徳島を通じて「急な移籍発表となり申し訳ございません。移籍か残留か、年齢や現状などを踏まえ、熟考した結果、移籍することが最善であると考え決断いたしました。試合に出場できず、クラブに貢献できなかったのは心残りですが、徳島ヴォルティスに関わる全ての皆様と掴み取ったJ1昇格、J2優勝は本当に嬉しく、そのチームの一員であったことは私の誇りです。

 今季のJ1リーグは例年以上に厳しいシーズンになるかと思います。ファン、サポーターの皆さまの熱い応援で、選手、スタッフ、クラブを支えてほしいです。よろしくお願いいたします。短い間でしたがありがとうございました」
 
 また、加入先の新潟を通じて「アルビレックス新潟のファン、サポーターの皆様。はじめまして!徳島ヴォルティスから移籍してきました瀬口拓弥です。今回ご縁をいただきアルビレックス新潟でプレーさせていただくことになりました。クラブの掲げる『挑』という姿勢のように、私自身も日々挑戦し、J1昇格するために全力で取り組んでいきます。応援よろしくお願いいたします」と意気込みを語っている。

 新潟は昨季22試合でゴールを守ったGK小島亨介が左脛骨疲労骨折で、全治約4か月の離脱が発表したばかり。

 昨季のJ2制覇を知るベテランGKが新潟の窮地を救うか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ