【新潟】「とても悔しい」。GK小島亨介が左脛骨を手術。全治まで約4か月

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月01日

「自分の持っている力を最大限に発揮するためのベストな選択」

約4か月の離脱となった小島。「必ず復帰し、チームに貢献します」とコメント(写真は17年当時)。写真:滝川敏之

画像を見る

 J2のアルビレックス新潟は3月1日、GK小島亨介が2月9日(火)に関連病院で、左脛骨の手術を行なったことを発表した。

 診断名は左脛骨疲労骨折で、全治には手術後約4か月かかる見込みだ。

 小島のコメントは以下のとおり。

「今回の発表のとおり、昨年5月に行なった手術と同じ場所を手術しました。前回よりも頑丈にする手術です。シーズン開幕前にケガを負い、個人としてもチームとしても、大事な時期に離脱してしまい、とても悔しいです。

『アルビレックス新潟のために』。

 昨年、アルビレックス新潟の一員としてシーズンを過ごし、今シーズンもアルビレックス新潟のために、さらに強い覚悟と責任を持って戦っていきます。今回の手術も、チームトレーナーやドクターと相談したうえで、自分の持っている力を最大限に発揮するためのベストな選択です。

 無事に手術も終え、復帰に向けて前向きな気持ちで日々取り組んでいます。必ず復帰し、チームに貢献します。どうか待っていてください」

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【マスコットPHOTO】1位に輝いたのはヴィヴィくん!総選挙TOP10入りを果たしたマスコットたちを特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ