【大分トリニータの開幕戦・予想布陣】最大の焦点は“最終ラインの人選”と“戦術浸透度”。新加入ストライカーにも注目

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月26日

メンバー構成も仕上がりも蓋を開けてみなければ分からない

大分トリニータの開幕戦予想フォーメーション。

画像を見る

[J1リーグ開幕節]大分トリニータ-徳島ヴォルティス/2月27日(土)/14:00/昭和電工ドーム大分

 片野坂知宏監督が率いて6年目、今季の最大の焦点は最終ラインの人選と戦術浸透度に尽きる。片野坂体制1年目からの主力だった鈴木義宜、岩田智輝が抜けたのは大きな痛手だが、J1で実績のある坂圭祐、既存組の刀根亮輔、小出悠太らで穴埋めをすることになりそう。また鈴木の後釜として昨季はボランチで経験を積ませた羽田健人の評価が高い。最終ラインで起用すれば、当初の予定通り坂を右CBで起用できる。羽田の起用方法で最終ラインもボランチの組み合わせも変化が起きそうだ。

 攻撃に目を移せば、昨季のチーム得点王の田中達也、万能型FWの知念慶らは抜けたが、致命的な痛手を負うほどではない。毎年のようにJ2、J3で実績を残した選手を目利きし、藤本憲明(神戸)や小塚和季(川崎)らのように大分でさらに才能を開花させたのは実証済み。今季は渡邉新太や福森健太、昨季特別指定ですでにJデビューを飾った藤本一輝、井上健太の大卒新人らがどれだけの結果を残すか楽しみでしかない。
 
 待望の大型ストライカー長沢駿は今季の注目選手。今季もサイド攻撃が主体であり、ターゲットマンの存在はサイドの松本怜、香川勇気も持ち味のクロスがより活きそう。昨季は開幕から数試合で新加入選手を積極的に起用してきた片野坂監督だが、「今季は降格が4チームとなり、勝点1の重みが違ってくる」と語っており、手堅く既存の選手をベースに徐々に新戦力を試すことが考えられる。

 例年どおり開幕までの6週間の準備期間を設け、戦術を明確にして入念に落とし込んだ。今季は主力が入れ替わったことに選手もスタッフも危機感を持っており、練習からいい意味で緊張感に包まれているとのこと。新型コロナウイルスの感染対策で報道陣に練習を公開したのは3日のみ。それ以外は非公開を貫いた。

 対外試合も鹿児島キャンプ中に行なわれた鹿島アントラーズ戦の結果しかリリースされておらず、チームの仕上がり具合もメンバー構成も開幕まで蓋を開けてみなければ分からない状態だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】J1全20チームの2021年シーズン予想フォーメーション

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ