【浦和レッズの開幕戦・予想布陣】レオナルド移籍に規律違反…マイナス要素を魅力的なサッカーで吹き飛ばせるか?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年02月26日

ポイントは右SB、ボランチ、トップ下の3ポジション

浦和レッズの開幕戦予想フォーメーション。

画像を見る

[J1リーグ開幕節]浦和-FC東京/2月27日(土)/14:00/埼玉スタジアム2002

 今季からリカルド・ロドリゲス監督が就任し、後方からポゼッションしていくスタイルに取り組んでいる。最終ラインからダブルボランチまでの選手たちは、相手のプレスの状況やシステムを見て、3バックにするなど柔軟にポジションを変えながら前進していくことが求められている。

 27日にFC東京と対戦する開幕戦のスタメン選定にあたって、右SB、ダブルボランチで阿部勇樹と組むパートナー、トップ下という3つのポジションがポイントになりそうだ。

 右SBは本来であればヴィッセル神戸から加入の西大伍がスペシャリストだが、別メニュー調整も続き宇賀神友弥の起用が現実的だ。また、試合中に負傷者が出た場合などには、柴戸海や金子大毅といった本来はボランチだが対人守備能力の高い選手のスクランブル起用も可能だ。

 また、阿部のパートナーは多くの候補者が挙がるものの、浦和ユース出身で流通経済大から加入のルーキー、伊藤敦樹が最右翼とみられる。CBでもプレー可能なタイプで、ユース時代にトップ下も経験しパスセンスも十分。182センチの長身も魅力な万能型ボランチとして阿部の後継者になれる逸材だけに、同タイプを並べる可能性は十分にある。一方でプレーメーカーを配置する場合は、FC琉球から加入の小泉佳穂が阿部と組むか。
 
 トップ下では小泉が好プレーを見せている一方で、相手ボール時には2トップの一角としてプレスに参加することが求められる戦術だけに、攻守に確かな実力を持つ武藤雄樹も有力な候補。栃木SCから加入の明本考浩も、プレッシングを軸に考えれば貴重な戦力になりそうだ。

 そして2列目両サイド、層が厚いこのポジションは、関根貴大や武田英寿が中央を務めるバリエーションもありそうだ。選手交代によって変動させることも考えられる。

 今オフにはレオナルドの中国移籍や、柏木陽介と杉本健勇の規律違反といったネガティブなニュースも飛び交った。杉本は復帰したものの、柏木は移籍の方針でクラブと合意して戦力に数えられない。エースの興梠慎三は昨季最終戦の負傷で手術したところから驚異的な回復を見せているものの、開幕戦では良くてもベンチ入りして時間を限定した出場になりそうだ。

 そうしたマイナス要素があるものの、ポテンシャルの高い選手が揃うだけに、ロドリゲス監督と作り上げていく新スタイルで、攻撃的なサッカーの息吹が感じられるゲームになることが期待される。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ