【川崎フロンターレの開幕戦・予想布陣】8年連続ホーム開幕戦ドローの嫌な歴史に終止符を打てるか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年02月26日

開幕戦はゼロックス杯と同じ顔ぶれが先発か

川崎フロンターレの開幕戦予想布陣。

画像を見る

[J1リーグ開幕節]川崎-横浜/2月26日(金)/18:00/等々力陸上競技場

 シーズン開幕を告げるゲーム、富士ゼロックス・スーパーカップではガンバ大阪に3-2で勝利。まず“1冠”を手にし、幸先の良いスタートを切った。横浜F・マリノスとのリーグ開幕戦も、G大阪戦と同様の顔ぶれが先発するのではないか。

 G大阪戦では途中出場のFW小林悠が見事なシュートで決勝点をマーク。頼れるストライカーはコンディションも良さそうで、先発に選ばれる可能性もあるだろう。もっとも、CFではレアンドロ・ダミアンも健在で、小林をベンチに温存し、勝負所で送り出すプランが考えられる。

 注目はアンカーと左サイド。オフにポルトガルへ移籍した守田に代わり、新加入したジョアン・シミッチは、G大阪戦で持ち前のパスワークとセカンドボールへの反応の良さを見せたが、周囲とのバランスは発展途上。チームメイトとどのように連係するのか、大きな鍵を握っていると言えるだろう。
 
 一方、左サイドでコンビを組みそうなのが“大卒2年目コンビ”である。左ウイングの三笘薫はG大阪戦で2ゴールをマークしており、ブレイクした昨季の勢いを持続。また戦列復帰を目指す登里享平らに代わり、左SBにコンバートされている旗手怜央も、サッカーIQの高さを活かして大いに奮闘。ピッチ際を駆け上がるだけでなく、インナーラップや、巧みなポジショニングで味方をサポートしつつ、身体を張った守備もアピールしている。トレーニングでは豪快なシュートも放っており、得点に絡む働きも期待される。

 現時点で横浜の情報は限られており、明確な対策を立てづらい状況にある。ただ、鬼木達監督は常々「自分たちのやるべきことをやるのが大事」と話しており、ベースとなるハードワークに加え、流動的なボール回しでゲームの主導権を握りたいところだ。

 ホーム開幕戦は8年連続のドロー。嫌な歴史に終止符を打てるか。他チームに先立って行なわれるフライデーナイトでの“神奈川ダービー”を制し、勢いに乗りたい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ