「ミナミノの魔法の瞬間だ」南野拓実の鮮烈な“連敗ストップ弾”を地元紙激賞!「チェルシーを追い込んだ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月21日

新天地デビューから3試合で、早くも2ゴール

チェルシー相手に鮮やかなゴールを奪った南野。(C)Getty Images

画像を見る

 サウサンプトンは現地時間2月20日、プレミアリーグ第25節でチェルシーと対戦し、1-1のドロー。勝ちきれなかったものの、リーグ戦の連敗を「6」でようやくストップさせた。その立役者となったのが南野拓実だ。

 立ち上がりから地力に優るチェルシーに圧倒的にゲームを支配され、ほとんどの時間を守備に割く展開となるなか迎えた33分だった。ハーフウェイライン付近でボールを持ったネイサン・レドモンドがゴール前へ1本のスルーパスを送り込む。

 これに南野が反応し、オフサイドラインぎりぎりの絶妙なタイミングで抜け出すと、一気にペナルティエリア内へ侵入。最後はキックフェイントでGKとDFを倒す余裕も見せ、鮮やかにゴールへ流し込んだ。

【動画】鉄壁チェルシーから鮮やかな一撃!南野の移籍後2点目はこちら(54秒~)

  日本代表FWは新天地デビューから3試合で、早くも2ゴール目。一方、チェルシーは今月7日のシェフィールド・ユナイテッド戦でのオウンゴールを除けば、トゥヘル体制では初となる、7試合ぶりの失点となった。
 
 この先制ゴールを地元紙『Daily Echo』も絶賛。「タクミ・ミナミノの魔法の瞬間が、セインツの悲惨なプレミアリーグ連敗を終わらせ、チェルシーを引き分けに追い込んだ」と大々的に報じている。

 その後、54分にPKで同点弾を許し、勝利とはならなかったが、終始攻め込まれるなかでの決めた南野のゴールは、文字通りチームを勇気づける非常に価値のある一撃となった。

 泥沼の連敗を止めたサウサンプトンは、1988年以来の首位にも立った序盤戦の勢いを取り戻せるか。“救世主”の活躍とともに期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】衝撃の初ゴール&喜びを爆発!サウサンプトンに移籍した南野拓実の厳選ショット!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ