「本当にラブリータッチ」チェルシーGKを腰砕けにした南野拓実の“技あり弾”に英識者も仰天!「苛立っていた…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月20日

GKを冷静に倒して無人のゴールにねじ込む

チェルシーを相手に存在感を示した南野に賛辞が相次いだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 南野拓実が真価を発揮した。

 現地時間2月20日に開催されたプレミアリーグ第25節で、チェルシーを本拠地に迎えたサウサンプトンは1-1で引き分けた。

 リーグ戦の未勝利数を「7」にしてしまったものの、強敵を相手に意地を見せたのが、サウサンプトンの日本代表FW南野だ。プレミア3試合連続でスタメンを飾った26歳は、立ち上がりから守備に追われる時間が多かったなかで訪れたワンチャンスを見逃さなかった。

 33分、右サイドから持ち出したネイサン・レドモンドのスルーパスに抜け出して、敵エリア内に侵入。最後は巧みなキックフェイントで、相手DFのセサル・アスピリクエタとGKのエドゥアール・メンディを倒してから、無人のゴールへと蹴り込んだ。

 23節のニューカッスル戦以来となる移籍後2点目となった南野。メガクラブを相手に決めた技ありのゴールは、小さくない話題を呼んでいる。

【動画】見事な抜け出しから冷静すぎるフィニッシュ!南野拓実が強豪チェルシーから奪った鮮烈弾はこちら!
 
 英衛星放送『Sky Sports』で解説を務めた元イングランド女子代表のスー・スミスは、「素晴らしいパスだったけど、何よりもミナミノのボールタッチだわ。GKのメンディに尻もちをつかせるほどの余裕が彼にはあった」と絶賛した。

「今日のサウサンプトンは相手に押し込まれたなかでもとても組織的に守れていた。そしてチェルシーが苛立っていたなかで、流れに逆らったミナミノが本当にラブリーなタッチから冷静に決めた」

 サウサンプトン移籍後は3試合で2ゴールと好調を維持している南野。そのハイパフォーマンスへの反響はしばらく続きそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】衝撃の初ゴールと満面の笑み! サウサンプトン移籍後の南野拓実の厳選ショットは一挙公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ