わずか「12回」のボールタッチで久保建英は何をすれば? たった一度のフェイントが現地で話題になる“悲しい現状”

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月16日

4試合勝ちがないヘタフェがまず守備から入るのは当然

ソシエダ戦で2戦連続のベンチスタートとなり、58分から出場した久保。(C)Getty Images

画像を見る

 2月14日に開催されたラ・リーガ第23節で、久保建英が所属するヘタフェは、難敵レアル・ソシエダとホームで対戦。29分にFWアレクサンダー・イサクに奪われた1点を最後まで返すことができず、0―1で敗れた。

 2試合連続のベンチスタートとなった久保は、MFカルレス・アレニャとともに58分から途中出場。4-4-2の右サイドハーフに入り、試合の終盤にはトップ下に近い位置でプレーしたが、決定的な役割を果たすことはできなかった。

 試合後、なぜ久保とアレニャを先発で起用しなかったのかと質問を受けたホセ・ボルダラス監督は、「彼らだけのせいではないが」と前置きしたうえで、「多くのゴールを許した。守備レベルで力を失っていた」と語り、直近の4試合で10点を奪われていた守備を強化するためだったと明かした。

 その判断自体はもっともだろう。レアル・ソシエダはパスワークに長けた攻撃的なチームであり、4試合勝ちがない(1分3敗)ヘタフェがまず守備から入るのは当然だ。そして、勝負どころで久保とアレニャを投入するーー。そのプラン自体は理に適っていた。

【動画】現地メディアが感嘆!スペイン代表FWを翻弄した久保建英の“キレッキレ”フェイント(2分~)
 
 ただ、「投入後」の戦い方には首をかしげざるを得ない。たしかに、幾分か攻撃は活性化されたが、技術に長けた両MFを入れたのであれば、一か八かのロングボールを放り込んでセカンドボールを回収させるのではなく、もっと足下でボールを繋ぎ、そして久保にボールを預けるべきだろう。

 30分強のプレータイムで、久保のタッチ数はわずか「12回」(ちなみにアレニャは19回、72分から出場したMFポルティージョは16回)。これで、結果を出せというのはあまりに酷だ。

 加入してまだ1か月で、周囲から全幅の信頼を置かれているわけではないのかもしれない。とはいえ、例えばミケル・オジャルサバルをフェイントで翻弄して、FWクチョ・エルナンデスのヘディングシュートに繋がるクロスを送り込んだ67分のシーンなど、ボールを渡せば何か起こしてくれる可能性は感じさせている。

 この場面は、スペイン全国紙の『AS』が「この試合で最も驚くべきプレー」として取り上げられるなど、話題を集めた。ただ、もっとボールを受けられれば、この19歳にとっては、こんなプレーはお手の物だ。

 ゴールに繋がったわけでもない、たった一度のフェイントが注目されたのは、久保の嘆かわしい現状を表わしていると言えるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ