「僕にとって大きな意味」先発復帰のオーバメヤンがハットトリック達成!ゴール後には日本のアニメで喜び表現

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月15日

プレミアリーグでは自身初の3発!

ハットトリック記念でもらった試合球片手に、ガッツポーズを見せるオーバメヤン。(C)Getty Images

画像を見る

 アーセナルは現地時間2月14日、リーズとホームで対戦し、4-2で勝利を収めた。この試合でピエール=エメリク・オーバメヤンが、プレミアリーグでは自身初の偉業を成し遂げた。

 母親の看病で欠場が続き、直近2戦ではベンチスタートとなっていたなか、およそ1か月ぶりの先発復帰戦で、エースは早速健在ぶりを証明する。14分、ゴール左でボールを受けると、オーバメヤンは華麗なフェイントで相手DFを翻弄。最後は冷静なコントロールシュートでゴールへ流し込んだ。

 そして、41分にPKで1点を加えたガボン代表FWの仕上げの一撃は47分。敵陣深くでボールを奪ったエミル・スミス・ロウからのクロスに、身体を投げ出しながら豪快にヘディングで叩き込み、見事ハットトリックを達成してみせたのだ。

【動画】先発復帰で即3発!大エースの圧巻ゴールショーはこちら

 ゴールセレブレーションでは右足に彫られた『ドラゴンボール』のタトゥーを見せ、喜びを表現したオーバメヤンは試合後、インタビューに対応。父親とキャプテン、両面の顔を覗かせ歓喜の言葉を伝えている。
 
「本当に嬉しい。子供たちもボールを貰えるから喜んでくれそうだ。今日のチームのパフォーマンスには本当に満足している。タフな試合になることは分かっていたが、彼らはたくさん戦ってくれたし、良いゲームマネージメントで試合に勝つことができた」

 また、ハットトリックの意味合いにも言及したうえで、今後に向け決意を示している。

「確かに、それは僕にとって大きな意味を持っているよ。僕は常にハードワークをして、まず家族のために、そしてチームのためにもベストを尽くそうとする男だ。僕にとっては大変な時期だったけど、今は笑顔を取り戻して、試合に勝ってゴールを決めたいと思っている」

 中位に沈む名門とともに、昨シーズンは得点王ジェイミー・ヴァーディー(レスター)とはわずか1点差の22点を挙げた男にとっても、インパクトを欠くものとなっている今シーズン。得点数を一気に「8」まで伸ばしたこの一戦を足掛かりに、大エースは再び量産体制に入ることができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ