• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1戦力分析|ベガルタ仙台編】4チーム降格の厳しい1年を戦い抜く陣容形成は見通し不透明

【J1戦力分析|ベガルタ仙台編】4チーム降格の厳しい1年を戦い抜く陣容形成は見通し不透明

カテゴリ:Jリーグ

板垣晴朗

2021年02月08日

クラブを熟知する手倉森監督の存在が頼もしい

ベガルタ仙台の予想布陣。選手の絶対数、経験豊富なベテランが減った。特に手薄な最前線にさらなる補強はあるか。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 新型コロナの特例措置がなければ、17位の昨季は降格していた。経営面の不振も重なり深刻な状況下にあるため、現実的な目標はまずJ1残留だ。

 8シーズンぶりのクラブ復帰となった手倉森監督は、資金力に乏しい仙台を2012年のJ1で2位に導いた実績を持っている。

 だが今回は事情をよく聞いたうえで監督に再就任した経緯もあり、「本当に謙虚に、皆さんの信頼を勝ち取るべく、地道なことをこつこつやる」と、4チームが降格する厳しいシーズンを乗り切ることを当面の目標とする。

 監督就任が遅めの昨年末となった影響もあってか、戦力の補強も遅れ気味だ。

 上原やマルティノスといった前への推進力を生み出せる即戦力を獲得できたのは大きいが、入団よりも退団した選手のほうが多く、シーズンを戦い抜ける陣容をしっかり形成できるか見通しは不透明。とくにFWは選手層が薄く、さらなる補強が必要だ。
 

『サッカーダイジェスト』2月11日号ではJ1&J2全42クラブの戦力充実度ランキングを特集。

画像を見る

■ポジション別戦力分析
FW
長沢の放出などで戦力値が大幅にダウンしている。新加入の皆川をカウントしても頭数自体が不足しており、生粋のFWは赤崎だけだ。

MF
ボランチに上原が、2列目にはマルティノスと氣田が加わり、新人の加藤も有望株。クエンカも残留し、戦力の充実度は昨季を上回る。

DF
S・マテと平岡がコンビを組み、控えも頭数が揃うCBは昨季並みだ。一方でSBは本職が足りず、新戦力の秋山や長倉がカギを握る。

GK
昨季に勝るとも劣らず。正守護神のJ・スウォビィクが契約を更新し、サブにもプロ1年目に成長を遂げた19歳の小畑が控えている。

監督
リオ五輪の日本代表監督などで国際舞台でも経験を積み、長崎経由で戻ってきた。財政面を含めクラブの事情を熟知しており、頼もしい。

※『サッカーダイジェスト』2月11日号(1月28日発売)より一部修正して転載。

文●板垣晴朗(フリーライター)
 
【関連記事】
【仙台|新体制】“口説き上手”の手倉森新監督効果で実力者を次々に獲得! 躍進した2012年を彷彿とさせる陣容に!
「8季ぶりに力を発揮したい」仙台・手倉森新監督、就任会見で震災10年への熱き想いを激白
【J1戦力分析|サガン鳥栖編】指揮官は昨季の13位超えに自信を見せるが…残留できれば御の字か
【J1戦力分析|北海道コンサドーレ札幌編】各ポジションを補強も前線には課題が残る。当面の目標は――
「登録が認められない可能性がある」本田圭佑は今季プレーできない? ポルトガル紙が驚きの見解

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ