「去ってほしいなら面と向かって言え!」ジダンが会見で“進退”を問いかけた記者に激怒「その扱いはふさわしくない」

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年02月06日

首位に差を付けられ、連覇が危ぶまれている

昨シーズンはR・マドリーを優勝に導いたジダン監督。今シーズンの不振には思うところがあるようだ。(C)Getty Images

画像を見る

 普段の温厚さとは裏腹に、激しい気性もあわせ持つことは知られている。

 レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、2月6日のラ・リーガ第22節ウエスカ戦を前にした会見で、メディアの扱い方に怒りを表した。その様子を米スポーツチャンネル『ESPN』が伝えている。

 コパ・デル・レイで格下相手にまさかの失態を演じたマドリーは、リーガ前節でもレバンテに1-2で敗れ、緊張に包まれている。消化が1試合少ない首位アトレティコ・マドリーには10ポイント差をつけられており、連覇が危ぶまれているところだ。

 今シーズンのジダンは、これまでもたびたび進退が騒がれてきた。新型コロナウイルス感染から復帰を果たし、会見の場に戻ってきた指揮官は、自分やチームを擁護する姿勢ではないかと問われると「本気で言っているのか?」と気色ばんだ。
 
「我々は昨年にラ・リーガを制した。来年はいろいろな物事に手をつけなければいけないだろう。変更があるかもしれない。だが、今シーズンは我々に戦う権利がある。そして優勝したのは昨年だ。10年前じゃない。少し敬意を示してほしい。君(記者)はいろいろなことを言っているが、責任を負うべきだ。私に出ていってほしいなら、私の背後でなく、面と向かって言うべきだ」

 ジダンは「来年は、何かしなければいけないかもしれない。だが、今シーズンはこのスカッドが続けるにふさわしい」と述べた。

「ある日は私が退任する、次の日は続投、次の日に勝てなければまた退任。悪い試合のたびにそれを聞かれる。そういった扱いは私にふさわしくない」

 ただ、岡崎慎司が所属するウエスカとの一戦でポイントを落とせば、さらなる批判は免れない。ジダン・マドリーは、この苦境を乗り越えることができるだろうか。そして、ジダンが来シーズンに言及したことということは、体制が変わることを示しているのだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】ジダンがイライラを露わに! ウエスカ戦に向けて行なわれた記者会見の様子はこちら

【PHOTO】レアル・マドリーの「歴代10番」の系譜と戦績を厳選フォトで一挙チェック!
【関連記事】
「ジダンに対する警告だ」久保建英が堂々のトップ10入り! 英誌が発表した「世界で最も有望な10代選手TOP50」にマドリー寄りメディアがざわつく
「あいつを殺したい」とキレたドログバにモウリーニョがかけた言葉とは? チェルシー黄金期の凄み
「クーマンに電話で言われた」スアレスが愛したバルサからの“戦力外通告”を回想「誰も説明してくれない…」
スペイン紙が「サッカー史に残る伝説の13ゴール」を紹介!“神の手”、“パネンカ”に現役J戦士のV弾も
「その輝きはホンモノ」29歳になったネイマールをペレ、ロナウドらが祝福! 仏紙はパリSGとの契約延長に言及

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ