「日本人はベストを見つけた」久保建英のヘタフェでのここまでをスペイン紙記者が総括!「1か月で移籍は成功だったと証明した」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月04日

「ボルダラス監督はクボを信頼している」

いきなり2点に絡んだデビュー戦を含め、久保は全4試合に出場している。 (C)Getty Images

画像を見る

 ビジャレアルとのレンタル契約を半年で打ち切り、出場機会を求めてヘタフェへと期限付き移籍をした久保建英。ここまでホセ・ボルダラス監督の下で、先発3回を含む4試合に出場している。

 現地時間2月3日、スペイン全国紙の『AS』のホルヘ・ピコン記者は、「ボルダラス監督はクボを信頼している」と題した記事を掲載。新天地での久保のここまでを振り返っている。

 記者は、「監督の選手に対する信頼は、特に若い選手には成長の鍵となる。ボルダラス監督がクボに示しているものだ」と指摘。「日本人は最高のバージョンを見つけた。それは数字に表れている」とし、こう続けている。

「タケはすでにヘタフェとの4試合(254分)で、ビジャレアルでの4か月以上と同じぐらいプレーした(リーグ戦16試合で292分)。1試合平均では、ヘタフェでは70分だが、ビジャレアルではたった20分だった」

【動画】現地記者も高評価!久保建英のヘタフェでの好プレーはこちら
 そして、「1か月も経たないうちに、久保の環境の変化は成功したと推測できる」と記事は綴っている。

 一部では「クボの加入効果はもう薄まった」という声もあるが、劇的に出場機会が増えたのは間違いない。あとはどれだけ、目に見える結果を残せるか。まずは6日に開催される強豪セビ―ジャ戦のパフォーマンスに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ