【J1戦力分析|川崎フロンターレ編】戦力値はほぼ満点! ACL制覇&連覇へ懸念があるとすれば…

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年02月02日

タレント力、選手層、戦術浸透度はリーグ随一だ

ACL制覇、そしてリーグ連覇を狙う川崎。写真は左上から時計回りに、三笘薫、ジョアン・シミッチ、谷口彰悟、小林悠。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 圧巻の成績で昨季のリーグ戦を制し、天皇杯との二冠を達成したチームだ。その戦力は、他チームの追随を許さない。現にタレント力、選手層、戦術浸透度はリーグ随一である。

 ただし、中盤の戦力に関しては読み切れない面もある。大黒柱の中村憲剛が引退し、不動のアンカーだった守田英正が海外移籍。代わりにジョアン・シミッチ、小塚和季、塚川孝輝を獲得したが、どのような構成になるか。特に昨季通りの逆三角形型を敷く場合、アンカーの人選は注目だ。攻守に働けるJ・シミッチ、塚川らを置くか、昨季同様に田中碧を回すか、大卒の橘田健人らを抜擢するか。指揮5年目の鬼木達監督の選択は実に興味深い。

 現時点での編成は29人。目標のリーグ連覇、ACL優勝を果たすためには若手の成長も必須だ。ちなみに新シーズンからはエグゼクティブアドバイザーとなった庄子春男氏に代わり、竹内弘明氏が強化本部長に就任。強化体制にも変化があった。
 

『サッカーダイジェスト』2月11日号ではJ1&J2全42クラブの戦力充実度ランキングを特集。

画像を見る

■ポジション別戦力分析

FW
左を主戦場に両ウイングをこなした齋藤は移籍したものの、歴代最多88点をマークした主力陣は健在。大分から復帰の知念には注目で、遠野は中盤との併用か。

MF
中村が引退、守田が移籍と、最も出入りのあったポジションで、未知数な面も。ただし、大島、田中、脇坂らタレントの質はトップレベルである。

DF
前線とともに質の高いターンオーバーが可能だ。やや層の薄かったSBはアタッカーの旗手を回すオプションも実証済み。

GK
昨季、35歳にして改めて能力の高さを示したチョン・ソンリョンが守備を引き締める。ポイントはその後を追う争い。誰がアピールするか。

監督
3度のリーグ制覇は過去3人目となる歴代最多。人心掌握術、マネジメント力は抜群で、勝負勘も見事。5年連続のタイトルを目指す。

文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
※『サッカーダイジェスト』2月11日号(1月28日発売)より一部修正して転載。

【画像】川崎フロンターレの2021年シーズン予想布陣はこちら!

【2020ー21移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ